安田純平の夢

2017年07月01日 13:00

時差ボケのせいで午前3時に目覚めてしまった。
日本時間は午前9時だから体は目覚める時間。

治安がいい国とはいえ、午前3時でやることは何もない。
で、二度寝。

二度寝したら2015年、シリアで行方不明になったままの安田君の夢を見た。
突然夢に出てきてびっくり。
日本より安田君がいる場所に近づいてはいるが、、

先日、原田さん(共同)が安田君のことをFBに書いていたから、記憶が呼び覚まされたのかもしれない。

下記、原田さんの記事
2015年6月23日、安田純平は、オレの元にこの写真をメールで送ってきた。
「拘束されたら配信するんで、紛争地に入る時は、ちゃんとガン首(顔写真)を送っておけよ」と冗談で言ったら、その後、紛争地取材の度に送ってくるようになった。いつの間にか、挨拶メールのようになった。そして、いつもそのガン首写真は無駄になっていったものだ。

安田君らしいと思う。
基本、とても真面目。
仲間は「ふ純平」などと茶化したりするが、安田君は色々と真面目だと思う。

日本では拘束された経験がある人は講演などの仕事が一気に増える。
ある時、安田君が引き受けた講演があった。
安田君が「近々に現場に行った経験がある久保田さんが話しした方がいいと思うんですよ」と講演を譲ってくれた。
勿論、その日安田君も顔を出してくれていて、講演の最後に安田君に話をふったのを覚えている。

ジャーナリスト仲間、そんなに多くはないが、仲のいい仲間もいる。
が、講演を譲ってくれたのは安田君だけだ。

先日、我が家に大学生が集まった時、僕たちが作ったイラクのDVDを久し振りに観た。
オープニング、イラクに入ってすぐ、カラダ地区へお散歩へ行くシーンがある。
2003年2月だ。
安田君は僕より前にイラクに入った経験があるので、初めてで右も左もわからない僕たちを案内してくれていた。

新聞社にいては自分がしたい取材ができない。と退職してまでフリーのジャーナリストになった安田君。
日本では貴重な存在。
帰国して、原田さんたちとバカ話ししながら一杯やれる日を心待ちにしている。
原田さんに写真を送っていない久保田


久保田ショップ





スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/1817-6d9110e8
    この記事へのトラックバック


    最新記事