海外取材へGO

2017年06月30日 19:08

一通りパッキングを済ませ、日本最後のランチのために豊春へ行く。
IMG_8096_20170630190508e80.jpg
父親の代から変わらぬ味の肉野菜炒め定食。

前回、成田に行くとき、少しでも安く行こうとして京成を使ったが、乗り換え時の通路と階段で大変な目にあったので、
今回は東京駅から千円バスで成田に行くことにした。
成田が夜便だとついついギリギリの時間を選択して、焦ることが多い。

今回は余裕を見ての出発。
ところが、乗り換え案内に推奨されている電車に乗り継ぐことができない。
スーツケースを持っての移動が予想以上に困難。
早めに家を出たけど、すでに夕方ラッシュの始まり時間になりつつあった。
新宿や東京駅が混雑するのは仕方ないが、ながらスマホでぶち当たってくる人は勘弁して欲しい。
普段なら身をかわすところだが、スーツケースを持って重荷の僕は躱すことができない。
やばい、またギリギリになってしまう。と思った。が、僕がバス停に着くと同時に成田行きのバスが出発。
しかし、次発が10分後。
今やバスもこんなに便利になった。

バングラデシュ仲間のゆーとが見送りにきてくれていて、一緒にバスで成田へ向かった。
ゆーとは仲間内の中で一番年下、が、彼が一番しっかりしていて、僕からするといつもダメな兄貴を心配してくれる優秀な弟のような存在。
高速道路の渋滞も殆どなく、1時間ほどで成田空港に到着。

ところが、トルコ航空のカウンターが長蛇の列。
エコノミー用のカウンターが4つしかオープンしていない。
しかも、一人一人のチェックイン時間がとても長い。
そんな時に限って、機内持ち込みの荷物の重量がオーバーの人がいて、カウンターで係員と喧嘩している。
僕がようやくチェックインを済ませると、ボーディングタイムまで1時間を切っていた。
19511205_10213886518423189_8346138509633831885_n.jpg
チェックイン待ちのとき、ゆーとと

旅行会社には「できれば後方の通路側の席をお願いします」と伝えていたのだが、結果、後方の真ん中席。
まじか~この10年で初めての真ん中席だ。
こりゃー試練だ。
11時間以上のフライト、トイレに立つ度に、すいません!を繰り返すのかと思うと気が重い。

と、落ち込んでいる余裕はなく、せっかく見送りに来てくれたゆーととダッシュで夕ご飯を食べなければならない。
できる弟のゆーとは「別に食べなくてもいいですよ」と言ってくれるが、そんなわけにはいかない。
カレー食べよう!とフードコートに行くが、カレー屋さんはすでにクローズ。
仕方なくラーメンをかきこんだ。

成田空港は24時間営業の空港じゃないからお店が閉まるのは仕方ないと思うが、その日の最終便が飛ぶ前にレストランやお土産物屋さんが閉まってしまうのはどうかと思う。
どう考えても先進国の水準ではない。
オリンピックに向けて改善されるのかどうか。

毎回のように見送りに来てくれるゆーとに別れを告げ、イミグレーションを通り、ボーディングゲートへと向かった。
なんて、日記をイスタンブール到着1時間半前に書いている。(6月30日)
いつもオープニングは書くのだが、途中の日、たった一行の日記だったりする。
今回は、、できるだけ書こうと思う。
取材メモ、日記がないと、日々起きることが、いつだったのか、忘れてしまう。
そろそろ、後進も育てたいし、同行者がいてくれるのが一番なのかもしれない。


久保田ショップ





スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/1815-50bb9ab4
    この記事へのトラックバック


    最新記事