運命のゲストハウス、シンガポール

2017年06月17日 14:58

講演、やテレビ放送があって、しばらく中断していたシンガポールシリーズ再開。

20代の頃泊まっていたゲストハウス。
アラブストリート、とベンクーレンストリートという2つのストリートが記憶にあった。
が、さすがにその位置を覚えていなかった。

しかし、名前だけは記憶していた。
Hawai Hostel.

さすが、現代。
友人がすぐに携帯で調べてくれた。
と、すぐにHawai Hostelがヒットした。

僕たちがいるアラブストリートから少し遠いが、ヒットするということは、、現存するってこと?
すぐにタクシーを拾ってHawai Hostelへ向かう。
見覚えのある中級ホテル。
その隣に、Hawai Hostelは現存していた。
AK3I0177.jpg
看板も昔のまま
AK3I0180.jpg
怪しいカタカナは昔無かったきがする。

一番最初、ブギス近くに泊まっていた。
そのとき、誰かにもっと安いゲストハウスがあるよ!って紹介された記憶がある。

そう、そのとき、そのアドバイスに乗っかって、Hawai Hostelに泊まっていなかったら、、
僕は戦場カメラマンになっていなかった。

観光の写真を撮りに来ていたシンガポール。
Hawai Hostelで一人のパキスタン人と出会ったことで、僕の人生は大きく変わってしまった。
それが良かったのか悪かったのか、まだ分からない。
僕が棺桶に入る瞬間にその結果が出るような気がする。

僕一人だったら、この写真を撮って終わりだったと思うが、シンガポールの友人夫妻がいたので、懐かしいフロントへ行き、近年のお値段をチェック。
ビックリするくらい高い!
そして、懐かしい食堂、部屋を探検した。

ちょっと薄暗く、決して清潔とは言えないお部屋。
僕が泊まっていた部屋、見た瞬間に思い出した。
東京から同行してくた友とシンガポールの友人夫妻のおかげで、涙が出てくるような回顧の旅ができた。


久保田ショップ




スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/1809-fbbe9111
    この記事へのトラックバック


    最新記事