ペシャワールのチャブリカバーブ

2010年03月17日 08:51

昔馴染みのチャブリカバーブ屋さんの前をタクシーで通った。昔と同じおじさんがチャブリカバーブを焼いていた。
多分、このおじさんはニュータイプだ。行き交う車の中から僕を見つけ手を振ってくれた。

ペシャワールの治安を考えると、夜一人で出歩きたくなかったが、どうしてもおじさんの作るチャブリカバーブが
食べたくなった。
レストランではなく、殆どテイクアウト専用みたいなチャブリカバーブ屋さん。

再会の挨拶をして、チャブリカバーブをオーダーする。おじさんは身振りで「ここで食べていくか」と聞いてきた。
できれば持ち帰って安全なホテルの中で食べたかった、その意に反して僕は勿論、ここで食べていくよ!と言ってしまった。
ナンを焼く担当の人が「お茶飲むかい?」とカワチャイを出してくれた。奥の方でナンの生地をこねている少年も僕を覚えていてくれた。
英語をとても上手に話すパキスタン人が来て、チャブリカバーブを食べながら最近の治安など世間話をする。
僕より先に食べ終わったパキスタン人が「ここは俺が奢るから払わなくていいからね」と言って僕の分まで払ってくれた。「あなたは私たちのゲストだから」
IMG_0128.jpg

これほど治安が悪くなったペシャワールでさえ、ホスピタリティーにあふれたパキスタン人がいる。
だからこの国に来てしまうのかもしれない。
久保田弘信の作品ショップ








スポンサーサイト


コメント

  1. Re: ペシャワールのチャブリカバーブ

    4月のようこそ、今、ちょっと待って! という連絡が来ました。
    時間をずらしたくないということのようで、そうすると久保田さんぶんはビデオレター?
    それとも、前日の講演を一部VTRで流すとか・・・・
    いずれにしても、連絡が取れるようになった頃に決定ということでお願いします。

  2. motoko | URL | -

    Re: ペシャワールのチャブリカバーブ

    決して治安の良い国でないパキスタン。
    でも、ホスピタリティーは日本の何十倍もある国ですね。
    日本は、国内総生産を競う以前に、
    ホスピタリティーをまず諸外国から学ぶべきだと思います。

  3. Kana♪ | URL | gIYQI5Sw

    Re: ペシャワールのチャブリカバーブ

    緊張が続く毎日だと思いますが、こうした人の温かさに触れると心温まりますね♪
    ニュースではテロなどのマイナスイメージしか受けないので、
    久保田さんが伝えてくれる『人』としての側面は、
    その国をより身近に感じられる大切な情報の一つです。
    私たちと同じ人間が生きていて、生活があって、日常があるんですよね。
    現地の人たちのホスピタリティ。今の日本が置き忘れてきてしまったモノがたくさん詰まってる気がします。

  4. アニラ | URL | -

    Re: ペシャワールのチャブリカバーブ

    人の温かさには、勇気や希望をもらいますよね。
    久保田さんの人柄もあるのかな?
    きっと、地球上のどこにいても、いろんな人に支えられているのですね。
    緊張の続く毎日。とてつもない疲労感だと思います。
    どうか気をつけて。

  5. HIRO | URL | -

    くにえだ 先生

    仕事の依頼は。。。メールに下さいね。
    いつもドタバタですが、出来る限り日程をあけさせてもらいます。

  6. HIRO | URL | -

    motoko さん

    「 ホスピタリティーをまず諸外国から学ぶべきだと思います。」
    僕もそう思います。先進国にすんでなんでも手に入れられる環境の人たちの方が優しくない
    ケースが多いです。

  7. HIRO | URL | -

    Kana♪ さん

    そう、頻繁にテロ事件が起きる場所でも人は生きていかざるを得ない。
    そんな環境にいる人たちだからこそ見えるものがあるのかもしれません。

  8. HIRO | URL | -

    アニラさん

    日本では良いことすくないですが、取材先ではいろんな人に優しくしてもらっています。
    タクシーの運転手に「スチューデント?」と聞かれちょっと嬉しかった僕です。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/180-cfe68789
この記事へのトラックバック


最新記事