トルコ南東部でテロ事件

2016年11月06日 05:01

僕が滞在しているのもトルコ南東部。
ディヤルバクルまでは200キロ近くあり、僕が滞在している街は比較的穏やか。

昨日、予定されていたデモもあったのか、なかったのか、というくらい街はいつものまま。
しかし、いつどこでテロ事件が起きてもおかしくない。
戦争と違ってテロ事件は予測不可能なのが怖い。


トルコ南東部で4日に起きた爆弾テロ事件で、過激派組織「イスラム国」系の通信社が戦闘員による犯行だと伝えた。

 この事件は4日、南東部ディヤルバクルの警察署の近くで自動車爆弾が爆発し、少なくとも8人が死亡、100人以上がケガをしたもの。当局は政府と対立するクルド人の反政府武装組織による犯行との見方を示していたが、「イスラム国」系の通信社が5日、戦闘員による犯行と伝えた。事実上の犯行声明といえる。

 トルコではこれまでも「イスラム国」の関連が疑われるテロ事件が相次いでいるが、「イスラム国」が犯行を認めるのは初めてとみられる。

 「イスラム国」は3日、指導者のバグダディ容疑者のものとする音声メッセージを公開したが、この中で、トルコへの攻撃も呼びかけていた。

日テレnews24
より


久保田ショップ

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/1722-1745dd3f
    この記事へのトラックバック


    最新記事