オリジナルプリント販売計画

2009年02月23日 00:06

中国取材で一緒になった静岡の小口氏(日本写真家協会会員)とネット上で
写真家が創るオリジナルプリントを販売してみようという話をしてから二ヶ月。

飲みの席で話したことが実現に向けて動き出した。
この小口氏、僕と似ていて有言実行型で、儲けにならないことでもトライしていくタイプ。

そもそも、写真家同士が仲良くなることは多くない。
それぞれ自分が一番だと思っている人が多いし、自己主張が強いから。

何故かこの小口氏とはウマが合い、帰国後、再会してからは友達付き合いを
させてもらっている。

歳は僕より一回り上だけど、日本写真家協会に入った年が僕より一年遅い。
一応後輩。笑!
そもそも、通産省(元)でSEとして活躍していた小口氏。
コンピュータ関係の知識はすさまじいものがある。何故かフランス料理を創るのが得意で、その腕と味はそこらのレストラン顔負け。
息子さんはスノーボードの全日本チャンピオン。
これだけマルチタレントな人も珍しい。

「久保ちゃん、おれっちの撮った写真、多くの人に見てもらいてえよな~」
小口氏は立派な事務所と目が飛び出るような金額のプリント機器を持っている。写真家によるオリジナルプリントってやってみませんか?

前述のようにノリと勢いで生きている小口氏は、そくざま
「いいね~やろ~やろ~」となり。
先日、オリジナルプリントの製作、サンプル創りを行った。
ミクシー日記で「写真の見せ方」で書いたとおり、
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1084671273&owner_id=2940931
ちゃんとした額に入れる事によって写真が何倍もの自己主張をしてくる。
今回は6切り(額は3千円ちょい)をメインでプリントをした。
僕と小口氏のHP上にあるすべての写真を対象にして、希望の方に販売していく予定。

写真は額装をする小口氏。

小口29
HQ2Y2333.jpg


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/17-4a3cafb2
    この記事へのトラックバック


    最新記事