再会〜再会

2016年10月01日 08:30

TBSのCS番組ニュースバード。
僕が初めてNBでお世話になった頃のスタッフの同窓会があった。

当時のPはブログなどで僕の活動をウォッチしていてくれ、Face Bookのメッセンジャーから連絡をくれた。
報道局を離れTBSの高層階に行ってしまったPとは二度と会えないと思っていた。
メッセンジャーから連絡をくれたPは今大学で授業をやっているんだけど、一コマ授業でお話をしてくれないか?と
断る理由など一切なく快諾。

先日、別件でTBSに行った時、そのPに連絡を取り、10数年ぶりに局内で再会しお茶をした。
その時、今度昔のNBのスタッフと再会して飲む機会があるけど、久保田さんも来ますか。と誘ってもらった。
僕はスタッフではないので、ちょっと恐縮したが、参加メンバーが、僕が本当にお世話になった人ばかりだったので、
是非再会したいと思い、参加させてもらうことにした。

NBのニュースの視点というコーナがある。
ニュースの視点は実尺で40分ほどVTRを使いつつスタジオでお話できる。
地上波ではありえない贅沢な時間を使うことができ、たっぷり時間を使うことで説明が難しいイスラム圏での事柄を報道できる最高の番組だ。

10数年ぶりの再会だったが、当時のスタッフは昔と変わることなく素敵だった。
ものすごくハードな環境下で報道をしてきたスタッフは僕とは立場違えど、ある意味戦友と言える。
この10年で一番変わったのは僕ではないかと思う。
がむしゃらに突っ走っていた10年前、金銭的な問題や身の危険を感じながらもなんとか続けたいた5年前、
そして、続けながらも、これからどうしていったら良いかと日々悩む現在。

10年のブランクを感じさせない昔の仕事仲間だから、普段業界の人には言えないことも素で言えた。
「体力的にはまだまだ大丈夫だけど、あまりにも多くの死を見てきて心が疲れて、、今の目標は結婚退職ですよ」と僕。
Pは10年前に比べて久保田さんの現場での危険度が増えている感じがします。と心配してくれた。
仲間たちも、僕の素材を見て、全力で編集してくれた人たちだから、僕がどんな現場にいて、何に苦しむのか分かってくれる。

二次会で赤坂のワインバーに行き、自分ではちょっとオーダーできない92’のジュベレシャンペルタンを頂いた。
92’とは思えない色の濃さとパンチ力。
お店の人はグラスに注いでからすぐに落ちていく、と言っていたが、15分後くらいがピークに思えた。
そろそろ終電が、と思ったが仲間との時間を最後まで過ごしたくて、終電を諦めた。

僕も歳をとって、少しだけ賢くなったので、赤坂から某スポーツ新聞社のデスクにメールしておいた。
「もし良かったら久しぶりに一杯どうですか」と。
見事に返事が来て、これまた久しぶりの再会ができることになった。

続く


久保田ショップ





スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/1698-db105490
    この記事へのトラックバック


    最新記事