アンタキヤからシャンウルファへ

2016年09月15日 04:57

アンタキヤからシャンウルファへ移動する。
よく考えたら、トルコで高速バスに乗るの初めてだった。
トルコでは「オトガル」というバスターミナルから長距離バスが出ているのだが、ちょっと難しいのは「オトガル」がいくつもあること。
アンタキヤも街中とちょっと郊外と二箇所に「オトガル」がある。

バスのチケットを買うとき、どこから乗る?って地名を言われても分からない。
アンタキヤの場合は街中の「オトガル」から郊外のオトガルまでシャトルバスが出ているので、チケットを買った「オトガル」から行くことにした。

IMG_2296.jpg
アンタキヤの街中でタクシーを拾いたいと思ったとき、地元の人がボタンを押してくれた。
全然知らなかったが、この看板、タクシーを呼ぶ場所だった。
IMG_2299.jpg
バスはかなり立派。
荷物を預けるのだけちょっと緊張する。
荷物を預けた後、バスのトランクルームは開けっ放し。
もちろん、スタッフはおしゃべりしていて見ていない。
出発前に朝ごはん食べに行きたい、でも荷物は心配。
面倒だと思われないように、「ご飯食べてくるけど、荷物大丈夫だよね〜」とスタッフに言う。
「ちゃんと見ているから大丈夫だよ」と言ってくれた。
IMG_2300.jpg
ワイドオープン!
この確認一つで荷物がなくなる可能性が低くなる。
IMG_2301.jpg
オトガルの中はスナック菓子くらいしかなかったので、外へ出て一番近い食堂へ行ってみた。
簡単に済ませようと思い、シュワルマできる?と聞いたものの、メニューの看板を見たら卵焼きがあった。
「ごめん、やっぱりあれちょうだい」と指差して卵焼きにした。
IMG_2308.jpg
何故か途中休憩のサービスエリアでバスを洗車しだした。
この休憩が長くて、到着が予定より大幅に遅れた。ま、日本じゃないからそれもありかと思う。

IMG_2307.jpg
4時間以上の長旅で、地名だけしか知らなかったシャンウルファへ行く。
バスの旅はとても快適だった。



久保田ショップ

最新映画のDVDあり
スポンサーサイト


コメント

  1. emi | URL | -

    Re:アンタキヤからシャンウルファへ

    こんにちは。
    度々ブログ拝見させていただいています。
    私は韓国とグアムしか海外に行ったことがありません。
    それも10年以上まえにツアーで行った程度です。

    久保田さまは、世界各国の人や乗物、景色、猫ちゃんなど
    いろんなものに直接触れて、目で見て、匂いや空気を肌で感じて
    何カ国も旅されていますよね。

    食べ物の写真を見るだけでも大変興味深いです☆

    多くの人は人生のほとんどを1箇所の国で過ごすでしょうし、
    どんなに海外が好きな人でも
    久保田さまのほど何カ国も1年のうちに旅を続けるかたは少ないでしょう。

    だから、多くの人が人生で感じることも見ることもないものを
    久保田さまははるかに多く経験されている点で
    他の人にはできない、価値のある生き方をされていると感じました。

    人気のレストランやカフェで人気のメニューをSNSにアップすることは
    誰でもできることです。
    日本人が聞いたこともない地域の、
    どんな味やら想像もできない食べ物をたくさん知っている方が希少というか、
    どっちが良い悪いではなくて、
    久保田さまにしかできないことだなと思います。

    また旅のお写真楽しみにしています。では。

  2. HIRO | URL | -

    emi さん

    ブログ見ていただきありがとうございます。
    ジャーナリストとして旅〜取材で様々な経験ができることは僕にとっても喜びです。
    そんな僕が経験したこと、皆さんにお伝えできるのも。
    ジャーナリストとして頑張りすぎてプライベートが犠牲になったりもしますが、これからもブログ書き続けて行きたいと思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/1692-e09d5afb
この記事へのトラックバック


最新記事