支笏湖

2016年08月06日 11:27

北海道、お仕事&友人たちとの再会ツアー。
あれこれ日程をタイトにしていたのだが、半日オープンな日ができた。

札幌からぶらり支笏湖へ行ってみた。
HIRO2683.jpg
シーズンオフに行けば駐車場はタダなのだが、ハイシーズンは420円。
せっかく来て、420円をケチってはいけないと思い車を駐める。

ま、お昼ご飯たべようにも湖畔にしかお店がなくて車駐めるしかなかったのだが。
20年前、バイクで北海道をまわり、汚い格好で支笏湖を訪れたことを思い出した。
今回は小綺麗な格好でレンタカー。

時が経ち、訪れる方法、服装だけじゃなく、一人で支笏湖を眺める気持ちも大きく変わった。
激動の20年、バイクで来た頃は一人で支笏湖を眺めて、支笏湖以外のことを考えていなかった。
今は、北海道で大自然の中にいながらも海外にいる友のことを思ったり、この瞬間にも彼らは。。
などと思ったりするようになってしまった。

再び支笏湖へ帰って来れたことに感謝しるつつ、僕が昔から通っている丸駒温泉へ。
DSCN3524.jpg
支笏湖と同水位にある露天風呂。
湖との間に長方形の池みたいなのができていた。

その昔、温泉に入って熱くなった体を冷やすために支笏湖へ入り泳いだ記憶がよみがえる。

その分、一階の温泉に濁り湯があり、そこのベンチから裸のまま支笏湖を眺めることができた。
DSCN3535.jpg
お天気良く、平日とはいえ、何人もの温泉客がいた。

温泉って他のお客さんと仲良くなれるのがよい。

かなりのおじいさんが友人に付き添われ、湖畔の肩まである深い露天風呂に入ってきた。
「いや〜水圧が大変だわ、年寄りにはこたえるわ〜」
先に入っていた若者が、「まだまだお元気じゃないですか〜」と話しかけた。
僕も同じことを言おうかと思ったが、すぐには言葉がでなかった。

若者の言葉をきっかけに温泉の中に仲間意識という空気がながれた。
若者は東京から、おじいさんたちは茨城からきていた。

おじいさんたちは相当な温泉通なようで、「昔はこんな池なくて、支笏湖で泳げましたよね〜」と僕がいうと、
「毎年変わっていっちゃうよ、昔丸駒温泉は船で入りに来る秘境だったんだよ〜」と教えてくれた。

ほんの半日のフリータイム。
懐かしさに出会え、人に出会えてよかった。


久保田ショップ
スポンサーサイト


コメント

  1. Shigeo Hibi | URL | -

    Re:支笏湖

    エネルギッシュな行動力 すごい! フォトジャーナリストはそれでないとできないよね。これからも元気で頑張ってください。

  2. HIRO | URL | -

    日比さま

    運命に流されるように取材に赴いています。
    身体とお財布が続く限り頑張ります。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/1676-9d67f412
この記事へのトラックバック


最新記事