郵便局、不在票

2016年04月08日 22:48

一人暮らしの僕にとって宅配やゆうパックの不在票はなかなか難点。
自宅に宅配ポストがあれば最高なのだが、築うん十年の我が家にそんな便利なものはない。
自分の買い物はまだ良いのだが、送られてくると分からず送られてきたものが海外取材中だったりして、
送り主に戻されてしまったことが何度もある。

今回は自分のお誕生日会ように買ったワイン。
日時を指定していたのだが、急遽入った仕事のため受け取れず、ポストに不在票が入っていた。

郵便局にはあまり良いイメージがない。
公務員体質が抜けきれず、仕事がおそい。そして言い訳をする。
かつて僕の地域の本局で荷物のトラブルがあり、トラブルなんて仕方ないから「すいませんでした」と一言言ってくれたら良いのに、永遠と局員の言い訳が始まったことがあり、ちょっと怒ってしまった経験もある。

昼に荷物を受け取りに行くことが殆どないので、不在票をもって迷っていると「不在票でしたらこちらで承ります」と声をかけてもらった。
不在票を渡すと「そちらでかけてお待ち下さい」と丁寧な対応。

しばしまつと荷物を持って中年の女性スタッフがあらわれた。郵便局にパートがあるのがどうかも知らないが、あまり見たことないスタッフだし、パート?などと思っていると
「飴の中ご苦労さまです。気をつけてお持ちかえりください」
と言われた。
IMG_2068.jpg
お誕生日会用のフランス、アルザス地方のピノノワールを受け取った。

たった一人のスタッフの対応でその会社や組織のイメージが大きく変わる。
こんな素敵な言葉をかけてくれるスタッフに驚き、感謝した。
雨の中、面倒だな〜!と思いつつ受け取りに行ったのに、素敵な対応を受け、笑顔で帰ってきた。
JPも捨てたものではない。



久保田ショップ
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/1621-4e276b74
    この記事へのトラックバック


    最新記事