アルビルでも床屋

2016年03月12日 08:19

海外で床屋に行くのが定番になりつつある僕。
今回は前回訪れたダルシャクラン難民キャンプの同じ床屋へ行くつもりだった。
髪の毛伸びていて、早く切りたかったが、なかなかダルシャクラン難民キャンプへ行くことができなかった。

ようやくにしてキャンプへ行き、同じ床屋さんを訪れた。
しかし!前回僕の髪の毛をカットしてくれた青年はドイツに行ってしまっていた。
テレビのニュースなどで多くの難民がドイツを目指している。と知っていても実感がなかったが、実際に自分が知っているシリア難民がドイツに行っているとわかると、改めてシリア難民がドイツを目指しているんだと実感する。

難民キャンプで床屋に行きそびれてしまった僕は、仕方なくアルビル市内の床屋へ行くことにした。
ちょっと小綺麗な床屋。
w_0841 のコピー
英語は通じないものの、お兄さんは僕の注文をしっかり聞いてくれた。
w0852.jpg
テレビから流れる音楽に合わせて歌いながらカットするお兄さん。
動画を撮っておけばよかったと思う。
w0858 のコピー
かなり丁寧なカットが終わり、一緒に記念写真を撮りたいんだけど、、とお願いすると、自分のヘアーをセットし始めた。
これもプロ根性?
w0864.jpg
今まで訪れた海外の床屋さんの中でもかなり腕の立つ床屋さんだった。
w0868 のコピー
さて、次はどの国の床屋さんを訪れるだろうか?

久保田ショップ



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/1613-4cad54c6
    この記事へのトラックバック


    最新記事