NHK WORLD 日本の政治ニュース

2016年02月14日 17:35

NHK WORLDが日本のPolitical party(政党)に関する特集番組をやっていた。
w1881.jpg
長い特集番組で興味深く見させてもらった。
自民党総裁選の時の石破氏、野田氏の動き、野党である民主党と維新、自民との関係などなど。

日本人として見たらとても興味深いが、外国の人が見て面白いと思えるかどうか。
二大政党制の国々からすれば、片手で数えられないくらい多くの政党が存在する日本の政治は難しく映るのではないかと思う。

高市早苗総務大臣の発言でテレビは「政治的に公平であること」が求められているが、NHK WORLDの放送内容はとても公平であると僕には思えた。

集団的自衛権に関して安倍首相のコメントがある一方で、国会前に多くの人が集まって反対デモが行なわれている様子が映し出され、憲法学者がの多くが集団的自衛権は違憲であるとコメントしているシーンも使われている。

安倍首相の発言に注目して「他の政策と違って何かあってからでは遅いから法の制定に急いだ」と。

現在の世界の状況は「何かが起こる」可能性が高い状態なのか。
もし何かが起きた時、日本として9条をもとに平和を訴える国である方が良いのか。
集団的自衛権を行使して諸外国とともに戦うことを宣言した方が良いのか。

日本国民、一人一人が真剣に考えて、次の選挙に民意を伝える必要がある時期に来ている。
日本という国の方向性が諸外国からどう評価されているのか、日本のメディアが伝えきれない部分まで知るべきだろう。


久保田ショップ



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/1593-65e7a7b6
    この記事へのトラックバック


    最新記事