友との再会、12年前にアルビルで出会った友、1年半ぶりの再会

2016年02月09日 01:00

12年前、イラク北部の町あるビルのインターネットカフェで知り合った友。
12年もの歳月を経て、よく再会できたと思う。

そして今日、1年半ぶりに再会を果たした。
16B_8530.jpg
ちょっと太ったんじゃない〜?と彼に言いつつも、僕も人のことは言えない。
今年、目を悪くして、全く運動ができなくなってちょびっと顔が丸くなってしまった。

12年前、まだ15〜16歳だった友。
当時は片言の英語で僕に話しかけてくれていた。
僕の英語は当時とさして変わらないレヴェル。
友は今や大学で経済学を教えている、英語で。

年に数回の海外取材でしか英語を使わない僕と日々英語を使う友のレヴェルは完璧に逆転してしまった。
悲しいかな、日本人。
16B_8526_F
彼は自分の授業に出てくる生徒を「友」と言って僕の紹介してくれる。
「教えている時は先生だけど、授業が終われば彼らは友であり、弟のような存在だ」という。
なんとも理想的な関係だ。

上から目線で授業をしないと学生にバカにされてしまう日本の大学教授とはちょっと違う。
日本でも僕の知り合いの大学教授は学生の前でも威張らない。
本当に能力があれば威張る必要などないと思う。

同じ大学にインドから来て経済学?(多分)教えている教授がいる。
彼は一年半前に一度会っただけだが、再会した時、「お〜hiro kubota〜nice to meet you again」と言ってくれた。
僕のfull nameを覚えていてくれる外国人は殆どいない。
なんとも嬉しい再会だった。
あ、彼との写真がない。。


久保田ショップ




スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/1588-9ec3a208
    この記事へのトラックバック


    最新記事