ポチ208000キロ&整備士

2015年05月06日 22:29

208000キロを越えた我が愛車ポチ(RX−8)
僕の友人のダーツ仲間の高校時代の同級生が10年以上乗り続けて来たポチをピカピカにしてくれた。
IMG_0426.jpg
その時、チェックしてもらったらブレーキパッドがかなり限界。
バイクなら僕でもできるが、車のパッド交換はちょっと自信がない。
ピカピカにしてくれた友人が交換してくれるというので、ローターとパッドを手に入れた。
IMG_0485.jpg
20万キロ以上交換してないローターはよくぞここまで持ちこたえてくれたって感じ
IMG_0487.jpg
数ヶ月まえにサスペンションも限界にきていて、都内の某ショップで交換してもらった。
IMG_0490_201505062216165d3.jpg
そのリンク部分のネジが外れそうな程緩んでいた。
コーナーの度に負荷がかかり、サスペンションが折れたら大事故。
友人曰く、数ヶ月で緩むなんてありえない!間違いなく締め込みが甘かった筈。
もし事故が起きても因果関係を立証するのは難しい。
命を預ける整備士、指名制にしたいくらいだ。
IMG_0491.jpg
長年使い続けたキャリパーは錆び付いていて、ボルトを外すのにも一苦労。
外したボルトの錆をとって研磨して再利用してくれた友人。
普通の車屋さんだったら、パーツ交換必要です!で終わるケースだと思う。
何時間もかけてキャリパーもボルトも再生利用してくれた。
その作業をずっと見守っていると、ますます自分の車に対する愛着もわいてくる。

日本の場合、車検、6ヶ月点検などあって、ドライバーは車屋さんにお任せっきりで、自分の車の細部を見る機会がすくない。
本当にメカが好きな整備士の友人のおかげで自分の車を見つめる事ができた。
友の友に感謝。


久保田ショップ



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/1458-c0334bd7
    この記事へのトラックバック


    最新記事