素敵な誕生日

2015年04月21日 02:53

今年も自分がこの世に生まれた記念すべき日を迎える事ができました。
昔からの友人、最近の友人、海外にいる友人、多くの友人からお祝いの言葉をもらい嬉しい限りです。
この数年、誕生日は僕を生んでくれた両親に「ありがとう」を言う日だと思っていた。
生んでくれた母はもうこの世にいないけど、感謝。

一昨年も昨年もなんどか際どい現場があり、もしかしたら。。って覚悟する場面が何度かあったが、
運良く誕生日を迎えられた。

いつも家族や友人達にとてつもなく心配をかけ、一杯応援されてここまでこれたと思う。
この10数年走り続けて来た。
やるべき事が沢山あって。
その為にどれほど多くの人達に心労をかけたか、今頃気がついている僕です。

このきっかけにちょっと僕自身の人生を振り返ってみた。
0181.jpg
やりたい事はやりたい時にやる!
お金もなく大変だったけど、どうしても走りたくてレースをやっていた。
03パキスタン
カメラマンとして海外の撮影をするようになり、いつの間にかジャーナリスティックな分野の仕事をするようになっていた。
HQ2Y0010.jpg
様々な縁があって、通常行きづらい国にも行く事ができた。
0566.jpg
パキスタンの大地震を取材し
0765_IMG.jpg
アフガニスタンにのめり込んで行き
06コーターバック
取材だけでなく、アフガニスタンの人達と「人」として触れ合って来て
08スレイマニア
イラクを取材し
09再会
宝くじを当てるような確率でシリアに難民として逃れたイラク人の友人とダマスカスで再会
IMG_1552_20150421024546fc3.jpg
スリランカで津波の被害を取材し、美味しいコーヒー牛乳をのんで
IMG_2519_20150421023906402.jpg
最愛の家族チョビと出会い
CN3055.jpg
イラク北部ISとの最前線を訪れた。

現地で、日本で支えてくれる友人達がいたから、ここまで取材を続けることができた。
今日、お誕生日のお祝いの言葉をくれた、そしてもう言葉を送ることができなくなってしまった友人達に心から感謝します。

人生折り返し地点にさしかかった僕。
残りの人生で何をやっていけば良いのか、毎日のように悩んでいます。
寂しがりやで、弱くて、一人じゃなんにもできない僕です。
戦地に向かう事で多くのものをなくしてきた僕。
それでもなんとかやってこれたのは友がいたから。
友達、もうしばらく僕に力を貸して下さい。

2015年4月20日
を3時間過ぎた今。

久保田ショップ







スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/1455-73ece952
    この記事へのトラックバック


    最新記事