能力よりも見た目重視の日本。声優の世界まで

2015年03月26日 17:11

あまり日本のテレビを観る事がない僕だが。
深夜テレビを見たら野沢雅子と神谷明さんが出ている声優の番組が放送されていた。

日本を代表する声優のお二人。
野沢雅子さんの悟空、御飯、悟天の三人の声の使い分けを聞いて、さすがプロ!と唸ってしまった。
神谷明さんの冴羽りょうの「りょうちゃんモッコリ」からケンシロウの「おわーたー」にも感動。

僕が知らない若手の声優さんも出演していて、「最近はオーディションのプロフィール提出時に全身写真と顔のアップが必要なんです」と。
これにはベテラン声優のお二人もビックリ。
野沢雅子さんは「おかしいんですよね」、神谷明さんは「僕らのとき、そんなものありゃしないですよね」と
発言。

アイドル的な声優さんがいても良いが、声だけは最高!という人が声優になれない時代が来たのかもしれない。

声優さんで唯一お付き合いがある小山茉美さんはアレレちゃんからミンキーモモ、ガンダムのキシリア・ザビ、
近年ではガンダムSEEDデスティニーのグラディス艦長まで様々な声を使い分ける天才。
ご本人はとても美しい人だが、もう結構なお歳。
しかし、その声は未だ健在でニュース番組のナレーションでもよく耳にする。

次世代の声優さんで、小山さんのような能力があっても容姿端麗でない為にデビューできない声優さんが増えるとなれば、日本はとても残念な国だ。

その昔、某テレビ局が「うちのアナウンサーは見た目で採用しています。能力は後から付けられますが容姿は変えようがないですから。。」と発言し、問題となった。
全米で大ヒットした神の声をもつ女性。身長は低く、どうお世辞に見ても美人ではない。
それでも歌声が素晴らしいため全米で大ヒット。
日本ではテレビに出る事は不可能だろう。

そもそも、本質を見抜くのが上手でない日本人。
一枚の絵が素晴らしい!と思うのではなく、あの画家が描いた絵だから。
写真も同じ。歌も。
芸能界だけならまだしも。。日本企業も。

日本の銀行の窓口には美しい若い女性が座るのが慣例。
ケニアでは、椅子からはみ出そうな中年の女性が対応してくれた。
さてさて、能力よりも見た目が重視される日本であれば、、才能が埋もれて行く可能性も高いし、よい職に付く為には整形さえ必要?
どうなる日本の未来。

久保田ショップ





スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/1448-261af730
    この記事へのトラックバック


    最新記事