チョビとの出会い

2015年02月28日 16:10

先日、chxbi(ちょび)報道写真事務局のことを書いた。
名前の由来になる我が家のネコ、チョビについて知らない人の為に、過去のブログを書き直してアップします。

偶然だろうか、必然だろうか、人と人の出会い、新たな家族を作っていく。

僕の友人のKEIと安田なつきが結婚した。

二次会で久しぶりに会う友人達と話し、新たな友人を作り、三次会は、、、どうしようか迷ったが、終電があるうちに帰宅する事にした。

この決断が僕にもあらたな家族を生む事になった。

終電で帰ることにした、ところが!日曜日、しかも引っ越して以前に駅より2駅も奥。
京王線の終電がギリギリなく、JRで帰る事にした。

新婚の友人の事を考えながら酔った足でゆっくり帰る。
台町のあたりで一匹のネコに遭遇した。
足取りから見て飼い猫らしい。
立ち止まってしゃがんでみると寄って来た。少しなでなでして、再び歩き出す。

鈴の音が聞こえ振り向くと先ほどのネコが着いて来ていた。
「ん?お散歩コースがこっちなの?」と話しかけ、また歩く。

2000年初頭、僕と一緒に住んでいた娘チョビもお散歩に出かけていたが、その行動範囲は半径1キロ程。
家ネコのお散歩コースは長くて3キロ程と言われている。

出会ったネコは僕が立ち止まると立ち止まり、歩きだすとまたついてくる。
途中マンションから人が出て来て、驚いたネコちゃんは国道16号線を渡り、草むらに隠れてしまった。
これでもうついてこないな。

少し寂しい気持ちでいると、反対車線の歩道で鈴の音が。
まさか!と思い、振り返るとネコちゃんが一定の距離をおいてついてくる。

他の人に驚いて逃げるのに、何故僕についてくる?
もしや、諜報機関が送り込んだ盗聴器付きのネコ?まさか爆弾付きのネコ?
と酔った頭で考えながら歩いていると我が家についてしまった。
ネコちゃんは1.5キロ程歩いて来た。

お腹減っているのかと思って、ちょっと待ってな!と声をかけ、コンビーフとお水を取ってきた。
ネコちゃんはおとなしく待っていて僕があげたコンビーフを食べた。
IMG_2484.jpg
この時、ネコちゃんの額の傷に気がついていなかった僕。

つづく

久保田ショップ


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/1434-fb4bf661
    この記事へのトラックバック


    最新記事