海外から見たイスラム国(IS)、邦人人質事件

2015年01月25日 01:15

偶然、このタイミングでカンボジアに来ている。
カンボジアでも人質事件の事は有名になっていて、インターネット上の情報を得た人などは、事件に関してかなり詳しい情報を持っている。

僕の職業を知らないカンボジア人が「湯川さんは恋煩い、自殺志願者、仕方ない、でも後藤さんは可哀想」などと話して来る。
カンボジアでさえ、情報が伝わっている状態、インターネットを駆使した情報戦を展開するイスラム国が日本の国内世論、自己責任論を知らない筈がない。

自分には関係ない!と平和な日本からTwitterでネット上の戦争を展開するなど、目に余る言動が多い。
なんてブログを書いていたら、湯川さんが殺害されたらしい映像がネット上に流れていて、菅義偉官房長官が緊急記者会見をして「言語道断の許しがたい暴挙であり、強く非難する」と発言したという。第一報が入って来た。
湯川さんが殺害されたのが事実かどうかの確認は、、政府の中ではほぼできていると思う。
なんともやるせない気分だ。

日本のジャーナリストが2人を解放してくれるように声明を発表したりする中、ネット上に自己責任論が再び浮上した事を日本人として恥ずかしく思う。

ISが何故湯川さんを先にして、後藤さんに声明を発表させたのか、ネット上の情報をみるだけで、ISでなくても素人でも順番を決められそうなくらいだ。

その誹謗中傷とも思える情報は日本人が発信している。

後藤さんの声明として、もはや身代金ではなく、人質交換という新たな条件を提示してきた事を考えると、後藤さんはまだ大丈夫とみてよい気がする。

ISだけでなく世界が日本の反応を見ている。
言論の自由が保証された日本は素晴らしい国だと思う。
人命に関わる事に関して、、の発言、、、

人の命は地球より重い!という政治家の発言はこの先聞かれないのだろうか。

久保田ショップ




スポンサーサイト


コメント

  1. パール | URL | -

    支離滅裂な文章。
    あなたは本当にジャーナリストか。

    私は湯川さんの関係者でも何でもないが、湯川さんが先にのくだりは非常に不愉快極まりない。

  2. HIRO | URL | -

    パールさん

    失礼しました。
    誤解を招く文章、加筆訂正しました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/1417-31cc7a19
この記事へのトラックバック


最新記事