次世代メディアへのヒント

2014年12月18日 15:32

mixiに始まり、Twitter、Facebook、Instagramとこの数年で新たなネットワークツールが出現してきた。
誰かの言葉をRetweetしたり、誰かの言葉や写真をシェアする事によってねずみ算的に情報が広がる。
「拡散希望」と言う言葉も出て来た。

LINEはあまり使う必要がないと思っていたが、長年愛用したガラケーを卒業してiPhone6にして、LINEを設定したら、アドレスブックに入っていて長年連絡を取っていなかったテレ朝のスタッフとつながる事ができた。
そして、LINE Payなるものが始まり、決済手数料0円の時代がやってきた。

僕自身もネット上にショップを開設しているので、振り込み手数料を考えるとLINE Payはかなり使えそうな気がする。
久保田ショップ

そして、昨晩Wiper Messengerなるものが友人から紹介されてきた。
最近のアプリの特徴で、使い始めた時にアドレスへのアクセスを許可しますか?と聞いて来る。
あれこれyesで進むと、自分の友人達にWiper Messengerが紹介され、一気にユーザーが増える事になる。
Wiper Messengerの特徴の一つにYouTubeの動画をシェアしやすい機能がある。
試しに、僕がYouTubeにアップしている動画を900人程にシェアしてみた。
突然、メッセージが来た人、、ごめんなさい。

僕が今、一番やりたいテレビや雑誌で報道できない情報を発信しようとする次世代メディアの構築。
上記のツールの有効活用がヒントになるかもしれないと思う。

久保田ショップ



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/1405-9ad097b8
    この記事へのトラックバック


    最新記事