忘れないでアフガニスタン3

2014年11月28日 21:08

イベントの前半は「こどもの情景」という映画鑑賞。
正直いうと、僕はこの映画は好きじゃない。
公開直後、名古屋で見たが、気分が悪くなった。

女の子は学校へ行けない、女の子が虐められていても大人が見てみぬふりをする。
タリバン時代から色々と問題はあったが、この映画のような酷い状態を僕は見た事がない。

後半はアフガニスタンに関係がある人達でのパネルディスカッション。
IMG_0264.jpg
注目すべきは、やはりレシャード医師。
IMG_0274.jpg
会場からのアフガニスタンの治安維持に自衛隊が関与すべきか?との質問に
「戦争しない、軍隊を派遣しない日本に対する日本に対するアフガニスタンの人達の信頼感が熱い。ところが、近年、集団的自衛権を含め、腰が引けた日本を感じる」とのコメント。

アフガニスタンは日本からの支援まだまだ必要、ただ、人材育成など支援に偏りがある。と歯に着せぬコメント。
通常、支援をしてもらっている国の人は「ありがとう」だけで、偏りがある事にはあまり言及しない。
そこに言及するのがレシャード医師のすごい所かと思う。
w20141124_17182169.jpg
会場が本願寺だったからか、最後には僧侶の祈りが。
「アフガニスタンで直接亡くなった方がいらっしゃるかたはその人を想って、いらっしゃらない方はアフガニスタンの平和を祈って黙祷して下さい」
僕は多くの友を亡くしているので、前者。
世界がどれだけアフガニスタンを忘れていっても、僕は決して忘れない。

<久保田弘信の作品ショップ

戦場カメラマン渡部君が登場するイラクのDVD有り。残4枚



スポンサーサイト


コメント

  1. 松本泰治 | URL | -

    腰が抜けた日本とは

    アフガニスタンとしては大いに日本のサポートを評価しているんですね。ただ、腰が抜けた日本とは具体的にどのようなことか気になりました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/1398-8ac74c23
この記事へのトラックバック


最新記事