一目惚れ

2014年11月13日 07:30

ワイン屋さんを訪れると棚に置いてあるワインではなく、セラーに大切に保管されているワインを見る。
勿論、僕のお財布では買えないワインばかりが入っている。

そんな中にカレラのジェンセンを見つけた。
ジョシュセレクションとはいえ、間違いなくジェンセンの譜系。
w0229.jpg
カレラのジェンセンが置いてある事自体が珍しい、しかもラップに包まれ、大切にセラーに寝かされていた。
w0230_20141113015519eb7.jpg
酒屋さんのカレラに対する想いが感じられる。
ロマネコンティの畑から持ち込んだクローンで作るカレラが美味しくない訳がない。

元来、惚れやすい性格の僕。
カレラに一目惚れしてしまった。
惚れやすいが、決断力のない僕。
セラーの前を三往復。

今日出会えたのは運命、忘年会や新年会でワイン好きの友人達と飲む機会があるだろう〜!と理由付けして購入。
ワインはいち早く我が家のセラーに寝かせてあげたいので、日頃写真は撮らないのだが、季節も良いので久しぶりに写真を撮った。
w0232.jpg
現在我が家には3本の秀逸なワインがある。
一本は先日の結婚式で新郎新婦から頂いたセントラルコーストのワイン。
そして、年間生産数僅か900本のオーディーフレッド。
そして、一目惚れしたカレラ。
w0231.jpg
本当のワイン好きが集まったら、この3本を飲み比べるのも楽しいと思う。
ブルゴーニュのスッキリした味とカルフォルニアの濃厚なピノ。

実は最もやってみたい飲み比べは同じカレラのリード、ジェンセン、ミルズ、セレックの飲み比べ。
いつの日かそんな贅沢をしてみたいと思う。
人生最後の夢はワインバー(ギャラリーバー)を開く事だと思っている久保田。


久保田ショップ



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/1386-da3705f4
    この記事へのトラックバック


    最新記事