速報、9月5〜6日ペシュメルガの戦果。

2014年09月07日 05:04

9月5日から6日にかけてペシュメルガは大規模な軍事作戦を行った。
今回の作戦でISISが占領していたザルティックという山を奪還した。

一時期アルビルまで30キロ弱の所まで進行してきたISISだが、米軍の支援空爆が始まってからは敗走の一途を辿っている。
今回訪れた最前線はモースルまで30キロ弱の場所。

前線には次なる軍事作戦の為に戦車が投入さはじめている。
近々に米軍と共同の大きな作戦が行われるだろう。

最前線は戦勝ムード。
訪れたのは地元クルディスタンのテレビ局、スペインのテレビ局、アメリカのジャーナリストではないちょっと怪しいグループ、そして、日本からフリージャーナリストの僕。
前線の司令官から昨日の作戦の成果が報告され、ジャーナリストが集まる。
25人のISISを殺し、数十台の車両を拿捕したと。
オフィシャルコメントでは語られなかったが、11人のペシュメルガ兵士が亡くなったそうだ。

DSCN3055.jpg
インタビューが終わるや否や、一人のコマンダーが近づいて来て、一緒に記念写真と撮ってくれ!
と向こうから申し入れて来た。
2F8C2403.jpg
アルビルさえ陥落するかと思われた戦況が米軍の空爆支援によって一気に逆転した。
ペシュメルガの連中は僕の安全に対してビックリするくらい気を遣ってくれる。
そして、とてもフレンドリーで共感が持てる。

しかし、道ばたに転がったISISの死体を見た時、なんともやるせない気分になった。
この先もまだまだ犠牲者が増えるだろうし、最終的にモースルを奪還する時には市内にいる一般人が盾にされる可能性が高い。
また、戦争の理不尽さを痛感した。

つづく

久保田ショップ




スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/1331-2f1bab08
    この記事へのトラックバック


    最新記事