ダルシャクランの家族、写真でつなぐ。

2014年09月04日 01:00

ダルシャクランキャンプには気になる家族がいた。
15人という大家族のお家。
w0767.jpg
イスラム教の国々では大家族が多い。
しかし、その殆どは奥さんが2人または3人いての大家族。
4月に訪れた時に出会った家族はお母さん1人で14人もの子供を生んだ大家族。
ところが、お母さんが持っている写真に写っている長男がアサド政権側に拘束され、保釈金を払わなければ殺されてしまうという状態だった。
w0775.jpg
しかも、お母さんは新たな命を身ごもっていた。
「生まれ来る命も大切だけど、長男を見殺しにはできないから、私はシリアに行く」と話していた母。

その家族と再会できた。
w2139.jpg
お父さんは働きに出ていていなかったが、新たな命が過酷な環境の中育っていた。
お母さんも子供達も僕を覚えていてくれた。
w2178.jpg
長男はまだ無事だそうで、渡航費だけで10万円程かかるが、お母さんはシリアに行きたいと話していた。
数百万円にもなる保釈金は僕たちの手に負えるものではないが、長男の無事を祈りたい。

この家庭にはには新たな赤ちゃん以外にも新たな家族が増えていた。
w2168.jpg
迷いこんで来た子猫に餌をあげたら、住み着いてしまったらしい。

難民生活をしていても心安らぐ一つとして、ネコを飼うのも良いと思う。
日本ではペットを飼っていると生活保護を受けられないが。。

ジャーナリストとして同じ場所に行っても儲けにはならない。
が、同じ場所、同じ家族に再会するからこそ分かる事もある。

久保田ショップ





スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/1324-f2c334a6
    この記事へのトラックバック


    最新記事