イラクへGO!

2014年08月28日 20:52

今回の取材準備は余裕がある筈だった。
が、突然の沖縄取材の為、直前でドタバタ。
しかも、もう行けないと思っていた八ヶ岳の写真展にTBSの友人と行く事になり、実質の準備に使える日は一日だけとなってしまった。

ピースボートに乗るためトルコまで飛ぶ。
トルコに飛んでそのまま船に乗るだけでは勿体無い。
ISISがモースルを占領し、アルビルに向かっているイラクに行く事にしていた。

そしたら、日本人がシリアで拘束され、自分はカメラマンと医者半分半分などとウソをつく事件が起きてしまった。
そして、アメリカ人のジャーナリストが首を切られ殺されてしまった。
今まで日本人ということで、拘束されたり、誘拐されかけても助かってきた。

日本人も銃を持っているという今回の事件の影響は大きい。
僕はカメラマンです!と言っても本当はスパイじゃないのか?と疑われてしまう時代がきた。
イラク取材のアレンジも大変だが、その後ピースボートに乗って長期間家を空けるため、家賃を振り込んだり、等々準備が大変だった。

そして、毎回そうだが、出発日のちょっとナーバスな朝を迎えた。
チョビがいてくれた頃と違って、本当に我が家を空き家にして出て行くのはやっぱり寂しい気持ちになる。
チョビがいてくれたから、何があっても帰ってこよう!という強い気持ちになれたものだが。
一人暮らしというのは結構不便で、ピースボートが簡易書留で送ってくれた重要書類も直前まで家にいなかった為、出発日に受け取る事になってしまった。

まあ、チョビ(ネコ)がいても簡易書留は受け取れないが。
12時過ぎに書類を受け取って、八王子のヨドバシカメラへ。
今回は取材が長期間なため、2TBのポータブルHDを購入。
その足で20年近く通っている洋食おがわへ。
出発前の緊張感もあってあまり食欲はなかったが、八王子の両親のような小川さんに会わずに取材には行けない。
「しばらく日本のご飯食べられないから沢山てべていきな!と具沢山のみそ汁をサービスしてくれた」。

久保田ショップ





スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/1309-41bd2808
    この記事へのトラックバック


    最新記事