イスラム国が1500人性奴隷に=少数派女性ら―国連声明

2014年08月14日 13:12

Yahoo!!ニュース
時事通信より
【ニューヨーク時事】国連事務総長のムラデノフ特別代表(イラク担当)とバングラ特別代表(紛争下の性暴力担当)は12日付で共同声明を出し、イスラム過激派「イスラム国」がイラクのヤジディ教徒ら少数派住民を誘拐し、性暴力を働いているとの情報があるとして「重大な懸念」を表明した。女性や少女、少年約1500人が拉致され、性奴隷となることを強いられた恐れがあるという。
 誘拐されたのはヤジディ教徒やキリスト教徒のほか、イスラム教徒のトルクメン人やシャバクなどイスラム国が制圧した地域の少数派の人々。声明はイスラム国の行為が戦争犯罪や人道に対する罪に当たる可能性があると指摘。その上で、地域諸国政府を含む国際社会に対し、被害者の即時解放に向けた支援を訴えた。 

21世紀になって、まだこんな事が行われているなんて目を疑ってしまうニュースだ。
上記のニュースは確認できていないが、クルドの友人からはキリスト教が弾圧され、着の身着のままでモースルを脱出してアルビルに来ていると聞いている。
アルビル市内にある教会は一時避難民で一杯になったそうだ。
w0192.jpg
アルビルで最古の教会、今年の5月に撮影した。ここも避難民で一杯になったのだろうか。

イラク北部、クルド地区で何が起きているのか、映像を交えたニュースが欲しい。

久保田ショップ


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/1297-948b7394
    この記事へのトラックバック


    最新記事