Destiny Plan 発動?

2014年07月16日 15:52

先のブログに書いた小山茉美さんがその声を担当した機動戦士ガンダムSEED DESTINYのタリア・グラディス館長。その元恋人であるギルバート・デュランダルが提唱したのがDestiny Plan。

人間の遺伝子を解析する事でその人が持つ先天的な適性と能力を調査し、その解析結果を基にその人を最適な職業や役割に就かせて、より効率的な社会運営を目指すと言うものだ。
遺伝子の解析を行う事によって、無能な人物が不当に高い地位につくことでおこる混乱や、自分の境遇・待遇への不満からおこる争いごとがなくなるとされる究極の社会システムだ。

所詮アニメの世界の事だと思っていたが、遺伝子の解析によって子供の将来の適性を判断できる時代に突入しつつあるようだ。→今日のニュースより。
子供が将来スポーツ選手になりたい!と夢を持っていても、遺伝子の解析をする事で、芸術家に向いていると判断できる。
子供は自分の夢を追うのか、遺伝子のささやきを信じてより適性のある道を選ぶのか。
時代が進化すれば、より効率的な遺伝子の配合を生む為に結婚、出産に関しても遺伝子検査が行われるようになるかもしれない。
Destinyとは運命。
己の運命を知る事が幸せか不幸せか。

僕は自分の遺伝子検査を受けたら、、反射神経と動体視力は良いが、感情に揺らぎが生まれやすく、社会適応能力を欠如した人間って結果が出そう。

急速な科学技術の進歩は一昔前ではなく、ほんの数年前の夢物語を現実化していく。
その進歩、技術の使い方に人が追いつかない程に。

久保田ショップ


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/1271-512d5251
    この記事へのトラックバック


    最新記事