ダーツ仲間とラガットちゃん

2014年07月11日 07:00

仕事とは全く関係なくつき合える仲間がダーツ仲間だ。
お互いなんとなく仕事の事も知っていたりするが、詮索はしないし、実は本名さえ知らない人が多い。
ダーツで使用する時のカードネームがあって、普段はカードネームで呼び合う事が普通だ。

僕は長年、自分の仕事を隠してきた。
カメラマンとは言っていたが、戦場に行くような仕事をしているとは言っていなかった。
普通の友達としての付き合いがしたかったから。

ある時、よく行くお店のお客さんが「ピーちゃんテレビ出てたよ〜!とお店のマスターに報告」それ以来、僕の仕事はみんなの知る所となった。
が、既に僕はお店の中でピーちゃんとしての立場を確立していて、今でもみんなは久保田ではなくピーちゃんと呼んでくれる。
本当はHIROってカードだったんだけど、酔っぱらった時にダーツを投げると下手になってしまい、酔っぱらい専用のカードネームがピーちゃんだった。
あまりにも下手すぎて、酔っぱらいカードがメインカードになってしまった。

最近仲良くなったお客さんなどは「え〜マジ〜?俺ピーちゃんの事見直したよ〜尊敬しちゃうな〜」なんて言ってくれるくらい。
おいおい!どう見えていたんだ!
なんて、そんな関係も楽しい。

ダーツ仲間でも良く会う人と滅多に会えない人がいる。
先日、滅多に会えない人とダーツをした。
意外な事に僕のブログを読んでくれていたりして、ラガットちゃんの事も知っていてくれた。
その後、募金はどう?
と聞かれ、
2度目だし、スロースタートですよ。まだ数十万円ってとこです。

「そっか〜ちゃんと使ってね!」とお財布から日本の最高額紙幣を一枚だして、ラガットちゃん募金にくれた。
w1Ragatto_for_Web.jpg
僕個人でやっているが、本当は一つNGO作って、NGOの口座に募金してもらった方が良いのかもしれない。
かつてフレンズというNGOを作ったが、結局専従スタッフをおく事ができず、あれこれ手間を考えると一人の方が経費がかさまなくて良いという結果になった。

僕自身が取材等でいなくなってしまうので、日本の事務所?を任せられるスタッフがいればフレンズを再開しても良いな〜と思う。
この先、僕のジャーナリスト人生が何年続くか分からないが、世界には小さな支援を必要としている人が相当多いと分かった今日このごろだから。

ともあれ、ラガットちゃんに寄付をくれた友人に感謝。








スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/1268-fab89987
    この記事へのトラックバック


    最新記事