モースル制圧!

2014年06月11日 13:44

イラク国営テレビは北部の都市モースルがイラク・シリアのイスラム国(ISIS)によって制圧された
と報じている。
モースルは先日、訪れたイラク北部の中心都市アルビルから車で4時間程、日帰りできる距離にある。
イラク戦争から11年、飛躍的な経済発展を遂げるアルビル。
w0230.jpg
クルディスタンは国旗を持ち、イラクの中でも独立した地域として南部とはかけ離れた発展をしている。

モースルはイラク戦争以前からアラブ人とクルド人の問題が溢れかえっていた地域だが、イラク戦争によってますます混乱したとも言える地域。
北部主要都市の中で唯一、この10年間治安が回復しなかった地域。
そのモースルがISISに制圧された事によってイラク北部のクルド地域全体に与える影響は大きい。

イラク北部はシリアの内戦から逃れて来たクルド系の難民が多く暮らし日本のNGOも活動している地域。
近年では日本の企業も進出し始め、ビザの発給もゆるくなり始めた矢先の事件。
イラクのマリキ首相は非常事態宣言の発令を要請している。
非常事態宣言の発令がなされれば、アルビルに在住する邦人への退避勧告が出される可能性も出て来る。
ビザの発給に対してはタイトになると見て良いだろう。

モースルに向かう途中、アークレーという難民キャンプがある。
w9260.jpg
世界でも珍しい、軍の施設を改造して作った難民キャンプ。
地理的にモースル県に近い、もしくはモースル県に属するくらいの微妙な地域なので、日本のNGOは立ち入りができない難民キャンプ。
勿論、アークレーにも支援を必要としている人は大勢いる。

シリアの内戦に呼応するかのように中東地域のあちこちで治安が悪化し始めている。
難民が難民化する事だけは避けたい。

久保田ショップ




スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/1256-b538eca6
    この記事へのトラックバック


    最新記事