夢と現実の間。

2014年05月21日 07:36

締め切りが迫って来ると、夢の中で原稿を書く癖がある。
枕元にはメモが置いてあり、朝起きるとセンテンスが書かれている。
あまりよろしくない癖だが、眠りにつく時も原稿の事を考えていると夢の中で良いセンテンスが出て来たりする。
朝起きて、「あれ〜なんだっけ〜?」と思い出せないと、とっても損した気分になるので、メモを。

朝、五時半。
睡眠時間3時間程で目覚めてしまった僕は枕元のMacを開いた。
メールを確認し、FBを見ると、僕がアップした寝袋の写真があった。
あれ、いつ撮影したかな〜。
折角、起きたから、いつも海外で使っている寝袋です!って解説をいれておいた。

そして七時半。
再び起きて、Macを開くと、五時半に開いたメールが数件あった。
が!しかし!FBに寝袋の写真がない。
あれは夢だったのか?
もう一度確認すると、五時半に開いたメールが3件ある。
五時半にMacを開いたのは確からしいが、FB書き込みをしたのは夢の中の出来事だったらしい。

夢と現実の間に入りつつある僕。
いっそ夢の中に入り込んでしまった方が幸せかと思ったり。
そのとき、現実世界にいる僕は後天的な自閉症になるのか、死を迎えているのか。

久保田弘信の作品ショップ




スポンサーサイト


コメント

  1. パプリカ | URL | -

    そうなった時は、夢の中で会いましょう。

  2. HIRO | URL | -

    パプリカ さん

    そっか〜!それがいい。
    パプリカに会えたら幸せだろうな〜。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/1238-42ab37f1
この記事へのトラックバック


最新記事