IVYの教育支援。

2014年05月10日 19:02

難民支援の第一段階は緊急支援。
難民になった人達になんとか生き延びてもらう為の支援が中心になる。

アフガニスタンもイラクも同様だったが、難民としての暮らしが長期化してくると教育支援が大切になってくる。
学びたくても学べない、家に籠って精神的にも不安定になってしまう子供達に学校へ行く機会を与えてあげる支援が必要となってくる。

IVYはアルビルで教育支援を行っている。
学校までの送迎バスや教員の給料等、とても大変な事業だが、子供達の笑顔を見ると、なんとが継続し続けて欲しい事業だと思う。
iv9118.jpg
多くの子供た内戦から逃れ、生きるのに精一杯で学校に通えなかった時期がある。
iv114.jpg
数学や理科、アラビア語、そしてクルド語の授業もある。
iv363.jpg
学校へ行けなかった時期があるからこそ、学校へ行ける喜びを感じられるのかもしれない。
iv089.jpg
長期化が予想されるシリアの内戦。
難民の数も230万人を越え、世界がシリア難民を支えるのが大変な時期にさしかかっている。
IVYに限らず、国連や多くのNGOが財政難に陥りつつある。
世界が関心を寄せる事で子供達の未来への支援が継続する事を祈る。
そして、世界が関心を寄せる事で、シリアの和平プロセスが進む事を祈る。

久保田ショップ






スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/1228-a6d5f1c6
    この記事へのトラックバック


    最新記事