国連難民高等弁務官

2014年05月05日 01:50

今日5月4日。
国連難民高等弁務官アントニオ・グテーレスがヨルダンにあるザータリキャンプを訪れ、キャンプ内でヨルダン、トルコ等シリア難民に関わる国の首脳と会議をした。
日本もシリア難民関連で相当額の予算を割いている。
ヨルダンの日本大使館関係者、外務省関係者が上記の会議に出席したかどうかは不明。

セキュリティーの関係か、UNHCRスタッフも今朝その事を知ったらしい。
僕が知ったのは午後。
UNHCRのスタッフは「おしかったわね〜、もう少しは早ければ間に合ったのに。。」と。

今日はUNHCRの日本人スタッフ南部さんのインタビューを撮った。
病院と違って国連は話が早くていい。
が、しかし、キャンプに入るパーミッションとなるとヨルダンは昨年以上にタイトになっている。
滞在中にうまくパーミッションをゲットできるかどうか。

久保田ショップ






スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/1220-72c00aac
    この記事へのトラックバック


    最新記事