小春日和

2014年03月19日 16:42

御茶ノ水にある編集部。
御茶ノ水界隈には史跡など見所が多いのだが、打ち合わせが終わるといそいそと次の場所へ移動してしまう。

数週間前の大雪が夢であったような小春日和。
銀座Canonで点検に出した一眼レフを持っていた。
日頃、日本では一眼レフを持ち歩かなくなってきた昨今。

携帯やタブレットで写真は撮れるのだが、残念な事に写真家としての目にはならない。
面白いもので、撮影しなくてもカメラを持っているだけで、日常世界の光の見え方が違ってくる。

もう一件よりたい場所があったが、写真家として感性が鈍るのも困るし、小春日和に誘われて御茶ノ水界隈を
散策する事にした。

まず訪れたのは神田明神。
w8534.jpg
聖橋からこんなに近いとは思っていなかった。
観光バスが停まっていて団体の観光客が神田明神を訪れていた。
写真を撮りながら、解説に耳を傾ける僕。
青空の下を歩く巫女さんの赤い袴がまぶしかった。

これまたご近所の湯島聖堂。
w8539.jpg
名前は知っていたが訪れるのは初めて。
本来は孔子廟であるとさえ知らなかった。
台湾で訪れた孔子廟のような感じを期待したが、人はまばらで、建物の扉は閉ざされていた。

w8544.jpg
御茶ノ水駅に戻って来ると、ちょうど総武線、中央線、丸ノ内線の3線がそろっていた。

なかなか心に余裕がないと平日の昼間から散策できないが、時にはリフレッシュで散策も良いかと。
そんな気分になるためにも一眼レフを持ち歩こうかな。


久保田ショップ


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/1175-7b48d31a
    この記事へのトラックバック


    最新記事