チョビの残影。安藤君 farewell party 番外編

2014年03月17日 22:14

浜松に転勤となる安藤君は愛娘チョビの下僕だった。
チョビは我が家に来たいろんな人に懐いていたが、安藤君の事は自分の下僕を思っていたふしがある。
膝の上に乗って懐くのだが、寝ているんだから動くなよ!みたいな感じがあった。

動物はとても繊細で、チョビは安藤君の優しさを敏感に感じ取って、この人なら我がまま言っても大丈夫だと
思っていたのではないかと思う。
w4765.jpg
写真は元気な頃のチョビ。

そんな安藤君がチョビにお線香をあげてくれた。
そのとき、お部屋にチョビの気配が。。
と思ったら、参加者の一人のiPhoneの電源が突然落ちた。
え?電池なかったんじゃない?
と聞いたが電池はほぼ満タンだったらしい。

もしかして、チョビ?
どれだけ電源ボタンを押しても電源が入らないiPhone。
もしかして、壊れた?

そのiPhoneがおよそ30分後何事もなかったかのように復活した。
しかも電池はほぼ満タン。
他の参加者も自分の背後にチョビの気配を感じたり。

優しい安藤君が30分間だけチョビを呼び戻してくれたのか。
不思議な出来事だった。

久保田ショップ



amazon久保田弘信
スポンサーサイト


コメント

  1. あんどー | URL | 2Z5jlXfU

    先日はありがとうございました!あのときは本当に驚きましたね…
    最期のチョビに会えなかったので、とても後悔していたのですが、それを感じてくれて帰って来てくれたのなら、嬉しいです^ ^

  2. HIRO | URL | -

    あんどー さん

    チョビは賢い子だったから。。
    ちゃんと安藤君を覚えていたんだと思いますよ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/1172-b3c3835e
この記事へのトラックバック


最新記事