ドナドナ、ポチ

2014年02月19日 14:02

近年稀に見る大雪にみまわれた関東地方。
統計的には僕が生きている間にもう一度同じくらい雪が降る事はなさそう。

そんな大雪の日に限って仕事があったりして。いつも暇なのに。
膝上までくる雪の中を歩いて千葉まで行ったりした。

我が愛車ポチは3日間雪に埋もれていた。
昨日、ようやくポチ救出作戦を決行し、チョビを埋葬したスコップでポチの周りの雪をどけた。
日頃使わない背筋痛。

ようやくポチに乗り込めるようになり、エンジンに火を入れようとしたが、火が入らない。
バッテリーが弱ってしまった感じ。
仕方なく、保険に付随したレスキューをお願いし、ブースターをつないでエンジン始動を試みるもかからず。
プラグがかぶってしまった様子。

レスキューに来てくれた京王自動車のスタッフはとてもいい人で、普通ならリフトアップしれ外すプラグを上から一生懸命外してくれた。「プロがこんな事言っちゃダメですが、根性で外します」と。
プロとはの与えられた環境の中で精一杯の仕事が出来る人、そして、言い訳をしない人だと思う。
無理矢理手を入れてプラグを外したため、スタッフの腕は引っ掻きキズができて僅かに血が流れていた。
僕に出来る事はホットコーヒーを出すことだけだった。

悪戦苦闘したにもかかわらず、ポチは息を吹き返す事なく。
本日二度目のレスキューでアンフィニへ入院となった。
CA3E0002.jpg
今日来てくれたスタッフもとてもいい人で、昔FDに乗って走り屋をやっていたそうでロータリーには詳しい。
一応エンジン始動を試みたがやはりダメで、生まれて初めて車に乗ったままレッカー車につり上げられた。
チョビが他界し、ポチまで他界してしまったらどうしよう〜。
もうすぐ20万キロのポチ。9月の車検、もう一度チャンスをあげたい。
運ばれて行くポチを見て、「ドナドナドナードナーって頭の中で歌が。。」


<久保田弘信の作品ショップ




スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/1153-3adbc832
    この記事へのトラックバック


    最新記事