世界の混乱。

2014年02月19日 01:42

平和協議が行われたにも関わらずシリアの混迷はつづいている。
シリアでの死者は14万人を越え、そのうち子供は7600人と言われている。

そして、人数の割には平和的なデモと見えていたタイのデモで警官が3人死亡、50名以上の負傷者が出てしまった。

ベネズエラでも反政府のデモが過激化し、3人が死亡。
しかも、ベネズエラでは反政府活動を主導、資金供与を行っていたとして国大使館職員3人を国外追放処分にした。
48時間以内の国外退去を求めたってところが、ちょっと緩くて二国間の力関係を感じる。

先日はナイジェリアの村を武装集団が襲い、少なくとも106人が殺された。

近年、世界が揺れているように思える。
僕がこの仕事をしていて、世界のテレビを見ているからそう思うのか、昔から変わらない状態なのか。

シリアもベネズエラも背後にアメリカの関与が噂される。
何十年も経つと、戦争を裏からコントロールしたのはCIAだった。と言う本が出版される。

独裁国家が崩壊し、新たな政権が生まれようとするとき、周辺国家及び大国はそれぞれの思惑で次なる政権を支援する。
だからといって、これ以上血が流れるのは見たくない。


久保田ショップ






スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/1152-373126d6
    この記事へのトラックバック


    最新記事