大原での写真展、Canonのスタッフ。

2014年02月06日 15:53

数年前、千葉の大原で二度目の写真展を開催した。
場所が外房の大原ということもあり、全日程会場に行く事はできなかった。

ご一報下されば!
昔からお世話になっているCanonプロサービスのスタッフの人が僕がいない時に写真展会場を訪れてくれていた。

そして、先日、久しぶりにそのスタッフと一杯やる機会があった。
僕たちプロカメラマンを心から応援してくれて、出来る限りのサポートをしてくれていた時代のスタッフ。
同席してくれたもう一人のCanonの人とはアフター5でお会いするのは初めて。
昔懐かしい、僕にとってのCanonの黄金時代の話に華が咲いた。

「久保っちゃんこれ!写真展に行った時の写真。渡すの忘れていたよ」
w8038.jpg
と、大原まで足を運んでくれた時の写真を渡してくれた。
w8039.jpg
「やっぱ、写真展行ったんだって証拠のこしとかんとね〜」と豪快に笑いつつ。
ありがたい。
さすがCanonの人。
写真展会場の内部だけでなく、僕が一度も訪れていない大原駅の写真も撮ってくれていた。

むか〜し昔。銀座のCanonサロンでは夕方5時を回るとスーパードライがでてきた。
僕なんか若輩者で、帰ろうとすると、一杯飲んで行きなさい!と当時の所長に勧められ、Canonのスタッフとプロカメラマンの交流の場があった。
時代が変わり、社内で一杯などできなくなってしまったが、前出の2人はCanonというカメラメーカーとポロカメラマンの接点をなんとか残そうとしてくれている。
そんなスタッフもこの数年で定年を迎えてしまう。
写真業界全体が厳しい時代になり、デジタル化によって、カメラがますますセンシティブになっている現代。
こんな時代だからこそ、メーカーとプロカメラマンの接点が重要だと思う。
何かしらの接点が残る事を期待しつつ、往年のスタッフがいてくれる間は銀座に足を運び、色々な話を聞かせてもらいたいと思う。


久保田ショップ




スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/1140-96845eec
    この記事へのトラックバック


    最新記事