富士市での講演。

2009年11月01日 06:05

何故か一度も講演をする機会がなかった静岡県。
昨年、友人のカメラマンの紹介で富士市でイラクのお話しをすることができた。
その時「これからアフガニスタンが動くし、日本との関係も深くなる可能性が強いから次回は
是非アフガニスタンのお話しをさせて下さい」
とお願いしておいた。

お陰様でアフガニスタンのお話しをする機会が訪れた。
決まったのは民主党が政権を取る前。勿論、日本の首相が「アフガニスタンに人的な支援を行っていく」と表明するなどと誰も想像しなかった。
まさに講演が旬になってしまった。

主催者の大村さんはとても目力が強く、小柄だけど、できる!ってオーラを出している人。
会場は富士市内のホテル。2階の宴会場と聞いていたが、ホテルに行ってみると講演会場はチャペルだと言われた。チャ、チャペル?
変わっていていいでしょう~。とニコニコする大村さん。
以前、チャペルをかりてコンサートをしたそうだ。コンサートなら良いけど、アフガニスタンのお話しをチャペルでするのは・・・。

四階のチャペルに行くと、私服姿のカップルと神父さんがリハーサルを行っていた。
リハーサルが長引いて、講演の為のセッティングをする時間が少なくなってしまった。
本当にチャペルでお話しするんだ。という今までにない緊張感が降りてきた。
平和の為のお話しなので、宗教は違う国だけど許してくださいね。と心の中で唱えお話しを始めた。
十字架の下で-2w
チャペルの中にスクリーンとプロジェクターを用意してもらった
会場には高校生の姿もあり、これからの世代の人たちが国際社会での出来事に関心を持ってくれるのはありがたいと思った。
12月横浜で講演をさせてもらうのだが、その関係者がお腹の中の赤ちゃんと一緒にわざわざ富士市まで来てくれた。
人々の様々な想いがチャペルの中を巡っているようだった。
こうして生まれて初めてのチャペルでの講演は無事終了した。
十字架の下でw
十字架を背に緊張しながら
久保田さん-UPw
後ろにはキャンドルやお花が








スポンサーサイト


コメント

  1. がちゃぴん | URL | -

    Re: 富士市での講演。

    聞きに行けなくて残念でした。

    講演会=ホールや会議室と発想してしまいがちなわたしには、チャペルという場所のチョイスがとてもすてきだな~と思いました!

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  3. okojo | URL | DwWunj.E

    Re: 富士市での講演。

    4月16日の岐阜での講演、お疲れ様でした。
    時期的に、そして岐阜駅すぐという講演場所ということから、多くの人が関心を持ってこられるのかなあ、と思っていたら、ほとんどが開催関係者でしたね。関心を持っていてもなかなか自分で足を運びにくいとは思いますが、一度はこういう講演に行って自分の目と耳で現実を知ることが大切だと感じました。

    アフガニスタンでの日本人の誘拐事件があまり報道されなくなったため、関心がなくなったのでしょうか。あるいは解決に向かっているのだろうと多くの人が思っているのでしょうか。
    そしてタイでの報道家死亡の報道で、関心がそちらに移ってしまったのでしょうか。
    でも実際は難航してるようですし、解決の糸口は見えていないようです。そういう話を今回の講演でしてくださっていたので、私たち一般庶民がどのようにメディアの情報を読み取っていくべきなのか、そして報道はどうあるべきなのか、もっと考え、関心を持ってメディアに働きかける必要があるのでは?と感じました。

    小さい子どももお母さんに連れられてきていました。平和に関する関心が高い親がいて、こうして子どもにもさりげなく平和について触れる機会を与えられるといいな、と思いました。

    今日の名古屋の講演では、多くの方々が来て、アフガニスタンの現実や報道のあり方、私たちにどんなことができるのか、考えて見ていただきたいと思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/114-6b508c96
この記事へのトラックバック


最新記事