カンボジア古典舞踊

2009年10月20日 04:42

カンボジア滞在中に千年もの歴史を持つ古典舞踊を二度見る機会があった。
アプサラダンスと呼ばれる神々にささげるために宮廷で伝えられてきた踊りだ。

8世紀後半のアンコール王朝時代に始まり、14世紀にアンコール王朝が滅びた後にも王室の保護を受け伝え続けられた。
しなやかな独特の動きと心に響く音楽で繰り広げられる舞踊。
シェムリアップでプロの踊りを見た。
舞踊1

もう一回は孤児院の子供達が披露してくれた。
IMG_5043.jpg
HQ2Y3888.jpg
HQ2Y3881.jpg

プロの踊り、子供達の踊り、共に素晴らしいものだった。
機会があれば、もう一度この歴史ある踊りに出会いたい。









スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/112-f683b067
    この記事へのトラックバック


    最新記事