シリアのこと

2013年12月03日 01:38

シリアの原稿を書いていたら意識が、もとい、価値観が混濁してきた。
人の数だけある価値観。
お互いの価値観を押し付け合い争う。
異国でなくとも、日本人どうしでも、肉親ですら価値観の衝突が起きる。

少しでも歩み寄ろうと思ってくれれば良いのがだ、頭が良い人程自分の価値観が絶対だと思ってしまったりする。
こんな事を考えていると遅い朝日が登って来てしまう。

僕は晩酌をしないタイプなんだけど、今日は。。飲もう。
と、思ったが、ワインはあるが、ビールがない。

仕方なくコンビニに走り、一番絞りを一本と淡麗を一本買って来た。
淡麗は上に行った母へ。
一人飲みは寂しいので、同じく上に行ったチョビには新しいお水。

戦争でなくても家族を失うと痛い。
これが、理不尽な戦争が原因だったら、残された人はどれほど痛いことだろうか。
そんな事を想像すら出来ない人が戦争をし、戦争を煽り、。。

そうそう、戦渦の中で命を失っていった我が共達の事も思い出しながら飲もう。
彼らの多くはイスラムだけど、いいよね。

久保田ショップ


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/1104-1fca05c1
    この記事へのトラックバック


    最新記事