僕のカメラ。

2013年10月31日 08:00

シリア難民取材からバングラデシュのロヒンギャ難民取材まで、僕自身にもハードな取材だが、
僕のカメラにとってもハードな取材だ。
一ヶ月に及ぶ取材につき合ってくれた僕のカメラは埃だらけ。
素人がメンテナンスできる限界をとっくに越えているので、銀座にあるCanonのプロサービスへ持ち込む。

昔、昔のプロサービスはなんとなく担当の人がいてくれて、カメラマンの特性や使用状況を知っていてくれた。
時の流れはプロサービスというカメラマンとメーカーの接点さえも合理化に向けてしまい、今では銀行のように機会から発券されたレシートを持って窓口に向かう。

昔は、大御所と言われるカメラマンが優先的に扱われる事もあり、不公平な部分もあったと思う。
しかし、そこには人と人のつながりがあり、メーカーは前線で撮影するカメラマンを心から応援してくれていた。

誰でも平等に。
レシートを受け取って窓口に行く事によって、前回不具合があった事を順番できまった担当者に一から説明しなければならない。
近年、デジタル化されたカメラは便利である分繊細で、フィルムカメラに比べるとトラブルも多い。
現場で、一瞬しかないシャッターチャンス、そんな時カメラがPCのようにフリーズしたら。。
その原因は近年のデジタルカメラでは特定しにくい。
それ故、知っている人に使用状況、トラブルが発生した状況を説明して、なんとか修理をお願いしたいと思う。

シリアもヨルダンもバングラデシュも高性能のカメラにとっては過酷な環境だと思う。
今回も一ヶ月の取材中、二度カメラがフリーズした。

カメラの清掃とメンテナンスをお願いするのに、僕のカメラの過去の状況を知っている人にお願いしたい。
銀座のCanonを訪れた時、プロサービスで僕が最も信頼しているNさんが他のカメラマンの対応をしていた。
僕はレシートを取らず、Nさんに目配せをして対応をしてもらった。
プロサービスを受ける人は会員証を提示するのがルールだが、Nさんは長年僕を知っていてくれるので面倒な手続きなしで対応してくれる。
20年近くつき合っているCanon。
写真展でお世話になり、今、最も協力してくれているAさんも後一年で定年らしい。
銀座Canonへ幾たびに若いスタッフを紹介される。
写真業界の未来がよろしくないだけに、フリーカメラマンにとってメーカーのサポートが大切だと思う。

僕が駆け出しのカメラマンだった頃からお世話になったCanonのスタッフは後2年で全員いなくなってしまう。
願わくば、次世代のスタッフも杓子定規な対応でなく、僕たちフリーのカメラマンを応援してほしいと思う。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/1091-4bd3d968
    この記事へのトラックバック


    最新記事