夕暮れのザータリキャンプ

2013年10月10日 04:00

6月にザータリキャンプを訪れた時は午後2時前にはザータリを出ていた。
今回初めて、朝一番から国連スタッフが帰る午後4時までザータリにいた。
w6978.jpg
夕暮れになると気温は一気に下がり、昼間半袖でも暑かったのが信じられないくらい寒くなる。
風が強くなり、砂嵐が起きる。

今回、キャンプで朝まで過ごす機会がありそうだったが、時間の関係で見送らざるを得なかった。
難民の人達は確かに不平不満を言う。
支援をする人達は夜や朝方、キャンプがどのくらい大変な環境にあるか知らない。
視察に来た人は2泊3日でキャンプに泊まってもらうと良いかと思う。(セキュリティー上不可能だが)
見た目以上にキャンプ生活の大変さが実感できると思う。

最近、ヨルダン政府が主要な国境を閉じたため、難民の人達は砂漠で一晩を過ごし、ヨルダンにやって来る。
ダウンジャケットを着ても寒いかと思う気温の中、薄着で幼い子供を抱え国境をわたって来る。
日本はあらたに60億円のシリア支援を打ち出した。
本当に困っている人達の為に使われる事を祈る。

久保田ショップ



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/1071-1462cf9a
    この記事へのトラックバック


    最新記事