被爆者2

2009年09月30日 16:34

最高齢の僕の友は・・
と書いた日記がネットの調子が悪く、消えてしまった。
同じ事は書けないけど、再び。

友人達が集まり、楽しい飲み会が続く。
一人のゴルフ仲間が「この人とゴルフして暑いとか寒いとかいうと怒られるんよ」と話す。
この人とは勿論、83歳になる僕の友人。
「そりゃ~せっかくチャンスがあってゴルフできるのに暑いとか寒いとか文句言っちゃバチがあたりよるよ」。といつもの笑顔。

40~50代の人でも今日は暑すぎるとか寒いとか文句がでることが多い。
83歳になって暑かったり寒かったり、辛くない訳がない。
それでも文句を言わない友人はすごい。
「わしゃ~こうやって若い人たちと遊んでもらえるのが嬉しいんじゃ、だからゴルフに行くとき迎えにきてもらったら、絶対待たせんように早起きするんじゃ」。
「時間があまったら朝刊読どればいいし、損したとは思わん」。
分かってはいるが、なかなか出来ない事だと思う。

友人が僕の写真集を買ってくれ、その場で見てくれた。
「最近の日本の子供達はこういう目をしなくなったな~」。と呟く。
しかし、だから今の日本は悪いとか子供達に覇気がないとか、そういうことは絶対に言わない。
友人がみんなから好かれる理由はここにある。

東京大空襲を経験し、原爆まで経験している人は少ないと思う。
そんな友人にインタビューをしなければと思いつつ、未だにインタビューできずにいる。
僕自身がまだ定まっていなくて、インタビューする資格がないように思えてしまう。
ジャーナリストとしては失格かもしれない。
毎年、天国への階段を登りつつある我が友。
貴重な話しを後生に残すためにも、そろそろインタビューをお願いしようと思う。







スポンサーサイト


コメント

  1. Chikako | URL | -

    Re: 被爆者2

    はじめまして。久保田さんの83歳のお友達は素敵な方ですね。私も被爆者で高齢者の方と5年前にお会いしてからずっとお付き合いさせて頂いています。笑顔が素敵なとても明るいおばあちゃんです。広島で大学に通っていた時に被爆体験の証言活動のボランティアをしたのがきっかけです。久保田さんのブログを読んでいて、私もおばあちゃんに会いたくなりました。そして久し振りに手紙を書きました。今はイギリスで大学院生をやっていますが来年は帰ってまた絶対お会いしたいです。

  2. Nadhy | URL | -

    Re: 被爆者2

    こんにちは。
    素敵なお友達ですね。
    天国への階段を登っているのは、毎年のスピードではなく、毎分のスピードではないでしょうか。それは、この御友人だけではなくて、久保田さんを含めて、この世に生まれたすべての人に言えること。
    どうか、一日も早く、このインタビューが実現することを祈っています。私は、つい最近、シベリア抑留を体験した知人を亡くしました。いつか、この人の体験を記録したいと思っていましたが…「いつか」では遅すぎました。残念です。

  3. HIRO | URL | -

    Chikako さん

    手紙は喜んでもらえたでしょうね。
    是非再会して下さい。

  4. HIRO | URL | -

    Nadhy さん

    できるだけ早くインタビューの機会を設けたいと思います。
    そして、ブログで報告します。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/107-b2dd0eec
この記事へのトラックバック


最新記事