報道後進国、日本。

2013年08月29日 01:24

今日にも巡航ミサイルによる攻撃をしそうなアメリカ。
そのアメリカのニュースCNNの記者がシリアの首都ダマスカスからレポートを送っている。
イギリスBBCも内戦が始まってからずっとダマスカスからニュースを送り続けている。

日本は世界3位の経済大国だが、報道はとてつもなく後進国だ。
日本はこの小さな国でありながら7局もテレビ局を持っている。
しかし、どの局も横並びで特徴に乏しく、バラエティーには力を入れるが報道には力を入れない。
特に国際報道に関しては視聴率が取れないという理由で扱いが少ない。

アメリカによる軍事介入の可能性が高くなった事で各局が動き始めた。
現場からのレポートもあると思う。
気をつけて見て欲しい。
今にもミサイルが落ちて来るような緊張感で立ちレポが入るが、記者がいる場所はシリアではなく、
周辺諸国のトルコやヨルダンであったりする。

シリアで内戦が始まってから何度も足を運び、取材を続けてきた日本人はフリージャーナリストだけではないだろうか。
テレビ局にはとてつもない機動力とそれを支える資金がある。
僕たちフリーランスはとても適わない。
しかし、空爆が始まるからと、突然現場に行っても、この2年間のシリアを追いかけていない人達に取材は。。

軍事介入の可能性が出ただけで、株価は下がり、世界経済に大きな影響を及ぼしている。
それでも、日本人には対岸の火事なのだろうか?

Macユーザーにオススメ


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/1040-16659dba
    この記事へのトラックバック


    最新記事