シリアに対してフランス大統領が。。

2013年08月28日 00:37

フランス大統領は「化学兵器の使用は許す事ができない。シリアを罰する用意がる」とコメント。
英、米、仏は国連の安保理決議は取らず、軍事介入する方向。
本来なら国連として動くべきだが、ロシアが拒否権を行使するのは目に見えている為、アフガニスタンやイラクと同様NATOとして軍事介入していく予定。

軍事介入によって内戦が終結すれば良いが、戦後統治にPKOの平和維持軍ではなくNATO軍が駐留するとアフガニスタンやイラク同様に戦後の混乱が予想される。

化学兵器を使用したから軍事介入するのか。
本当にシリアの平和を思うならもっと早く行動すべきだったと思う。
化学兵器使用は軍事介入するために大義名分にすぎないような気がする。

と書いている最中にオバマ大統領のコメント「アメリカは数日以内に軍事介入する事ができる」と。
アメリカ海軍はシリア沖の地中海に展開するミサイル駆逐艦を増強しつつある。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/1038-951bda6d
    この記事へのトラックバック


    最新記事