和歌山での講演。

2013年08月04日 12:20

6年ぶりに和歌山のう高等学校から講演の依頼をもらった。
和歌山を訪れるのも6年ぶり。
駅に迎えに来てくれた先生と和歌山ラーメン。
DSC_0034.jpg
これが絶品。ネギと鰹節の卵ご飯も最高だった。

この手の講演は先生方が企画して、管理職の人が「う〜ん」と思いつつも承認するケースが多い。
が!今回呼んでもらった学校は担当の先生が決めたから!と校長先生はお任せ状態。
校長室にご挨拶に行くと、、せっかく和歌山に来て頂いたから、、と
校長先生自ら景色の良い場所へ連れて行ってくれた。

今の校長先生が、教頭先生から校長先生になったとき、職員の皆さんが拍手をしたそうだ。
なんとも素敵な管理職の校長先生だった。
和歌山県は公立高校の講演に呼んでもらった数が日本一の県。
先生に聞くと、「和歌山は保守バリバリの県ですが、人権関係の講演などは先生が決めたら管理職は普通にOKを出してくれるケースが多いんですよ」と教えてくれた。
若い世代の人達にお話を聞いてもらえる機会をくれた学校に感謝。



久保田ショップ



スポンサーサイト


コメント

  1. Re:和歌山での講演。

    こんばんは、いつも拝見させて頂いております。
    僕も和歌山は大好きです!
    和歌山へは最低年2回は必ずお邪魔します、
    1回は娘の助産師受験の為花岡青洲の町へ訪れる前に
    必ず和歌山ラーメンを美味しくいただいております。
    2回目は南紀白浜で友達との定例会です、

    いつもブログを拝見させて頂き久保田さんの大ファンとなっております、今後も頑張ってください!!

  2. HIRO | URL | -

    hashimoto さん

    大阪が近いにも関わらず和歌山は陸の孤島となりつつあるようで。
    そんな和歌山だからこその素敵な部分があるかと思います。
    いつもブログを書き続ける事に迷いを感じつつ書いています。
    読んで下さる方かたのメッセージにはとても勇気づけられます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/1027-44d2139c
この記事へのトラックバック


最新記事