ヨルダンの水事情。

2013年06月23日 05:19

ヨルダンの水事情は大きな問題。
首都アンマンでさえ、給水は週に1〜2回。
そのため多くの家では給水タンクを常備している。
そんな事をヨルダン事務所の次長さんから聞いた。

トルコからやってきて、ちょっと良いホテルに泊まり、バスタブに浸かっていた僕だが、翌日からやめた。
知らない事は罪だったりする。

ヨルダンの水事情に日本が大きな力を貸していた。
アンマン郊外にあるザイ浄水場。

国境を越え、北から流れていた水が最後に死海に流れ込む。
日本では想像し難いが、国際河川が最後にたどり着くのがヨルダンだ。
918.jpg
シリアから流れてくるヤルムーク川などを水源にザイ浄水場で浄水している。
この大きなプールのような施設が二つあり、その一つは日本の無償資金援助で作られている。
0912.jpg
現地の人が浄水のシステムを紹介してくれた。
0914.jpg
ザイ浄水場のコントロールルーム。

この浄水場ができた事によってアンマンなどの都市部への水の供給がかなり改善されたそうだ。
どのくらいの効果があったなど、関心がある人は外務省のページなどを参考にして下さい。

さて、ヨルダンと言う国の水問題を改善する為に日本が無償資金援助を行った事を日本人の何パーセントの人が知っているだろう。

かくいう僕も知らなかった。
僕たち日本人が思うよりヨルダンと日本は密接な関係にある。
過去のブログで書いたような観光開発への協力もある。
ヨルダン国立博物館
ODAの使われ方などはもっともっとメディアが伝えて良いと思う。
日本と二国間の関係が良いなど、ほんの少しのきっかけで、訪れてみたくなる国になるかもしれない。

いつも思う。世界が日本を知る程に僕たちは世界を知らない。


久保田ショップ



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/1003-871c0378
    この記事へのトラックバック


    最新記事