FC2ブログ

ローマ教皇来日とそのメッセージ

2019年11月30日 19:03

ローマ教皇が来日し、日本そして世界に多くのメッセージを発信した。
「核兵器や大量破壊兵器を所有することは、平和と安定の望みへの最良の答えではない」と核兵器廃絶への強いメッセージを被爆地長崎から発信した。
武器の製造や維持に多額の費用が使われていることは途方もないテロ行為だと「テロ」という強い言葉を使って批判した。

そして難民問題に対して、「苦難を経験し、皆さんの国で難民となることを求めてきた人たちに、友情の手を差し伸べてください」と先進国の中で難民受け入数が極めて低い日本という国にメッセージを送った。

ローマ教皇が来日して多くのメッセージを発信したが、核兵器のこと、難民問題のこと、日本、日本人へのメッセージが多かったと思える。

核兵器禁止文書に107の国々が賛同したにも関わらず、世界で唯一の戦争による被爆国でる日本が賛同しなかった。
アメリカの「核の傘」など問題はたくさんあるだろうが、核兵器の恐ろしさを体験し、未だ被爆者が苦しみながら生きている日本が核兵器廃絶に声を上げていないこと。
戦争などで母国を離れ難民にならざるを得ない人たちを受け入れること。

どちらも日本という国、日本人の大きな課題だと思う。

差別や迫害に対して、「仲間と力を合わせ、あなたがやっていることは間違っていると声をあげよう」と述べた。
差別や迫害があっても多数派に組し、間違っている!と声をあげるのが苦手な日本人への大きなメッセージだと思う。

世界には7080万人もの難民が存在する。
5秒に一人5歳未満の子どもが栄養失調やそれに伴う免疫力低下による感染症で亡くなっていく。

戦争が良くないことは誰でも分かっている、が、安全保障や同盟、経済、様々な理由でNOと言えず、世界での戦争を黙認している。

ローマ教皇のメッセージは
そんな非人道的な行為にちゃんとNOを言いましょう、言ってください。
被爆国の日本が。
そう聞こえてならない。



久保田弘信の最新刊「世界のいまを伝えたい」あり

久保田ショップ


スポンサーサイト



市場の写真展、八王子タウンニュース、中村工務店

2019年11月29日 17:46

八王子の市場で開催中の写真展が八王子のタウンニュースに紹介してもらえた。
1_4827.jpg
久保田初の書籍、「世界のいまを伝えたい」を紹介してもらって以来の2回目。
タウンニュースは発行部数が96,600部!
市場に足を運んでもらえなくても、八王子でも写真展が開催されていると相当多くの人に知ってもらえる。
有難きことです。

市場の社長さんから、空いたスペースあるからもっと写真の点数増やした方がいいですよ!と言ってもらい、
写真を増設することにした。
前回に続き、中村工務店のよしお君にお手伝いしてもらった。
2_4822.jpg
前回でコツを掴んでいるよしお君、寸法を取って位置決めをするのがとても早い。
3_8632.jpg
ビスを咥えながら、ドンドン壁に打ち込んで行く。
4_2096.jpg
今まで中断の3枚だけだったのが、上段に2枚、下段に4枚写真を増やすことができた。
トータルの展示数も20点を越え、写真展として見劣りしなくなってきた。
どの世界もプロはすごい、よしお君は僕より写真と写真の間隔、全体のバランスを気にしてくれていた。

12月5日からたこ焼きやさんが入るそうで、写真を一部撤去します。
市場での写真展が全国初かもしれないと思っていたが、たこ焼き屋さんの隣での写真展も初かもしれない。
社長さん曰く、美味しいたこ焼きだそうです。
久保田も自分の写真を見ながらたこ焼きを食べてみようかと思っています。


久保田弘信の最新刊「世界のいまを伝えたい」あり

久保田ショップ



11/28のツイートまとめ

2019年11月29日 04:36

hirokun001

アメブロを更新しました。 『宮崎サーフトリップ2』 #サーフィン #宮崎牛https://t.co/4OyVuaxKvt
11-28 21:44

11/26のツイートまとめ

2019年11月27日 04:19

hirokun001

宮崎サーフトリップ⇒ https://t.co/eGJ6haACM1 #アメブロ @ameba_officialさんから
11-26 00:17

アメブロを更新しました。 『宮崎サーフトリップ』 #宮崎県 #サーファーhttps://t.co/hrhHpTWFsT
11-26 00:11

洋食おがわ〜ゴルフコンペ〜わさび

2019年11月25日 19:50

僕が東京に出てきて、学生の頃から長年お世話になっている「洋食おがわ」
先日は久しぶりにランチタイムに行って、オムライスを食べた。
オムライス
夕食時におがわへ行き、と〜っても美味しい生姜焼きを食べるつもりだった。
と、ドアに「カキフライ」の文字が。
この季節しか食べられない「カキフライ」、生姜焼きは次回にすることにした。
カウンターに座って、「実は生姜焼き食べる気満々で来たんだけど、、ドアを見ちゃって、今日はカキフライお願いします」とオーダー。
g_0637.jpg
あれ、値段900円だったかな〜。間違いなく1000円札を出してお釣りがくる値段。
牡蠣、幾つあるんだろう〜!という山盛り。

カキフライを食べながら、マスターとちょっとお話。
「先日、市場の社長さんに誘われて、久しぶりにゴルフやったら100打っちゃいましたよ〜、でもゴルフもたまにやると楽しいですね〜」と。
「うちのコンペがあって、ちょうど一人キャンセル出たんだけど、久保ちゃんどう?」と誘われた。
いいですね〜!でもおいくらですか〜?と貧乏カメラマンなので、お値段を気にした僕。
そして!せっかくなので、参加させてもらうことにした。

決め手は、ゴルフコンペの後の打ち上げが「わさび」だったから。
「わさび」はおがわさんの娘さんが、おがわの二階にオープンした居酒屋さん。
一度行こうと思って、何度もトライしているが、人気の居酒屋さんでいつも入れなかった。

ゴルフ場はその昔、僕が初めて79というスコアを出した八王子GMG。
10年以上前のこと。
久しぶりのGMGはコースも変わっていて、昔とは全く違っていた。
おかげさまでドライバーが絶好調。
400ヤード近いミドルホールの残り距離が70〜80ヤードのことが多々。
ところが、、70〜80ヤードから2オンできない。
ゴルフをやっていなくてもドライバーは当たるが、100ヤードを切ったアイアンが全然うまくいかない。
どのホールだったか、ドライバーが結構飛んで、残り距離70ヤード左足下がり、グリーン手前には池。
左足下がりとはいえ、70ヤードなら大丈夫と思いきや、ダフってしまい、僕のボールは池に真っしぐら。
と、ボールは2メートルもない池に架かる橋をトント〜ンと渡って行き、グリーンエッジまで。
ゴルフの神様はいた。
若いキャディーさんが、ごめんなさい!と言いながら大爆笑!

何度もゴルフの神様に助けられ、47、45の92で上がることができた。
100を切れたら十分と思っていただけに上出来。
g_4417.jpg
そして!憧れのわさびでの表彰式と打ち上げ。
g_9072.jpg
ドラコン一つとニアピン一つ、コンペにありがちな小波賞をいただき、総合順位も4位。
しかも、一人抜けたらしく、繰上げで3位。
高級なボールと商品を頂いてしまった。

お金持ちじゃないから、なかなかゴルフはできないけど、ゴルフをやると新たな出会いがあって楽しい。
一緒にランドした還暦のゴルフ上手な人と仲良しになり、わさびでは同席だった人と仲良しになれた。
ゴルフもサーフィンも自然相手のスポーツだから楽しい。
そして、やっていなかったら、出会えなかった人がたくさんいる。

来年のコンペは4月22日らしい。
ゴルフ貯金して、来年も参加させてもらいたいと思う。
誘ってくれたおがわさんに感謝。


久保田弘信の最新刊「世界のいまを伝えたい」あり

久保田ショップ


羽田空港の保安検査

2019年11月21日 12:49

平日のお昼、いつもなら混雑していない羽田空港国内線の保安検査場に列ができていた。
その列はプライオリティーレーンにも。
保安検査を受ける順番を待っていて、その理由がわかった。

出張等のビジネスマンが多い時間、すべての人がジャケットを脱いで保安検査を受けていた。
以前もコートはどは脱いでいたが、ジャケットを脱ぐことはなかった。
東京オリンピックに向けて、テロ対策がますます強化されていくと思う。

そのうち、国内線は持ち込み可能だった飲み物も、国際線と同様に持ち込めなくなるかもしれない。
日本だでなく、世界がテロを未然に防ぐために、保安検査が強化されつつある。
昔なら一部の国だけだった靴を脱ぐことも、今や当たり前となりつつある。

日本も世界も窮屈になりつつあり、その加速度は増加している。



久保田弘信の最新刊「世界のいまを伝えたい」あり

久保田ショップ





八王子、市場での写真展スタート

2019年11月18日 20:40

八王子での初の写真展が市場で始まった。
今日、市場へ行き、市場の社長さんと話して、会期と時間が決まった。
あちこちで写真展を開催してきたけど、始まってから会期が決まったのは初めて。

11月18日から12月25日まで、時間は午前6時から午後6時までと決定しました。
今回は展示してある写真を希望の方に販売予定。
身内とはいえ、既に2枚嫁ぎ先が決まった。

会期が長いので、売れた写真を含め、途中で写真の入れ替えをする予定です。

もともと、市場の休憩室だったので、写真を見る人がゆっくりできるように椅子を4脚用意してもらった。
IMG_8538.jpg
すぐ近くに自販機があるので、ジュースやコーヒを飲みながら、ゆっくり座って写真を見てもらえる。
と、「丸テーブルがあるから、丸テーブルも置きましょうか?」と社長が提案してくれて、
IMG_4255.jpg
丸テーブルも用意しました。
ガラス張りの部屋なので、冬でもほんのり暖かいので、写真を見ながらまったりしてもらえると思います。


久保田弘信の最新刊「世界のいまを伝えたい」あり

写真展、展示の写真販売中
久保田ショップ



八王子、市場での写真展開催

2019年11月17日 15:25

久保田弘信、第二の故郷、八王子での写真展が週明け11月18日より開催されます。

場所は八王子の市場、八王子総合卸売センター。
京王線の北野駅から徒歩10分。
東京都八王子市北野町584−30
駐車場もあります。

時間は市場が動き出す午前6時頃から15時くらいまで。
会期は未定。笑!
年末を迎え、市場が忙しくなる前に終了すると思われます。
八王子総合卸売センターのホームページ

市場で開催する写真展はもしかしたら、全国で初かもしれないし、市場で開催する戦場カメラマンの写真展は間違いなく全国初でしょう。
決して写真展に適した場所ではないと思いますが、普段写真に接する機会がない人にも写真に接してもらえるので、とても楽しみです。

我が家でのBBQパーティーの時はいつもこの市場で買い出しをしています。
一般の方も入れす市場なので、市場で買い物をして、ついでに、ちょっぴり写真を見てもらえたら良いかと思います。
IMG_0876_20191117150246f8e.jpg
北野駅から歩いていくと八王子総合卸売センターの大きな看板が見えます。
看板の「総」の字のあたりに休憩所があります。
IMG_1713.jpg
この休憩所が写真展のブースになっています。
IMG_4070_2019111715024790b.jpg
決して広いスペースではありませんが、現在、15点ほど写真を展示しています。
すぐ近くには自販機もありますので、コーヒーでも飲みながら写真を見てください。

普通の写真展は飲食物持ち込み禁止ですが、ここはOK.
ゆっくりまったり、写真を見てもらえたら嬉しいです。
会期が長いので途中で写真を入れ替える予定です。
なお、展示の写真はご希望の方に販売しています。

市場と写真展、ある面ミスマッチなこの二つ、この機会に是非楽しんでください。

開催を快諾してくれた八王子総合卸売センター株式会社と展示協力をしてくれた中村工務店に深く感謝いたします。



久保田弘信の最新刊「世界のいまを伝えたい」あり

写真展、展示の写真販売中
久保田ショップ





11/16のツイートまとめ

2019年11月17日 04:17

hirokun001

写真展、写真展示作業 https://t.co/tgTUnf2Uxb
11-16 09:26

写真展、写真展示作業

2019年11月16日 07:00

写真展を開催する時、写真の展示作業はかなりの時間を要する。
ギャラリーでの写真展ではそれほど大変ではないが、写真展示を前提としていない場所では展示作業が大変になる。

今回、市場のスペースでの写真展。
勿論、レールなどななく、壁に穴を開けてしまって大丈夫ということで、壁にネジを打ち込んで展示することになった。
壁はかなり固く、普通にドライバーでネジを打ち込むのはかなり大変そうな感じ。
写真の展示は一人でやると二人でやる場合の3〜4倍の時間がかかってしまう。
展示場所にガイドラインだけ引いておいて、友人の助けを借りて展示をすることにした。

僕の友人の大工さんが、仕事終わりで疲れている中、市場に来てくれた。
IMG_1572.jpg
早速準備を始める友人のよっちん。
IMG_6478.jpg
僕自身が寸法を測って、タコ糸でガイドラインを作っておいた。少しでも自分でできることはやっておきたくて。。
それだけでも一人でやるとかなりの時間がかかったのだが、、
よっちんが秘密兵器!
レーザーセンサーを持ってきてくれた。
僕が作ったガイドラインは、、殆どの意味をなさなかった。残念。
IMG_7600.jpg
スケールを使って、写真のポジションを決めていくよっちん。
本職だけあって、手際よく、めっちゃ速い。
決めたラインにチョークの付いたラインをピンとあてて、青いラインが引ける。
こんな便利な道具があるとは知らなかった。
IMG_6388.jpg
この電動のドライバーがかなり重宝した。

写真を水平に展示するだけでなく、写真と写真の間隔もあっと言う間に調整してくれた。
二人で展示しても2時間以上の時間がかかってしまった。
もし、一人でやっていたら、、、と想像すると、、、
夕食一回分のお礼で手伝ってくれたよっちんに感謝。

市場の警備室に行き、展示終了を告げ、鍵をかけてもらった。
鍵をかけにきた警備員さんが、すぐに鍵をかけずに、写真をずっと見ていてくれた。
写真展が始まる前に写真に見入ってくれる人がいる。
こんなシーンを見ると僕もよっちんも頑張ってよかったと思えてしまう。

久保田弘信の最新刊「世界のいまを伝えたい」あり

久保田ショップ



八王子での写真展

2019年11月14日 16:52

第二の故郷とも言える八王子。
友達や知り合いも多く、八王子で写真展をしたいとこの数年思い続けてきた。
駅前の東急の上がいいかな〜!などと考えていたが、予算の都合もあって開催できずにいた。

そんな僕の夢とも言える八王子での写真展が開催できることになった。
その場所は、、なんと市場!
IMG_0876.jpg
サーフィン仲間の市場の社長さんが、「市場に空いているスペースがありますから、写真展やりましょうか」と言ってくれた。

写真ギャラリーじゃなくて、バーや公共のスペースなど、普段写真を見る機会がない人たちに写真を見てもらいたいと常日頃思っていて、八王子のバーに写真を展示してもらっていたりする。
今度は市場。

東京とはいえ、都心から1時間弱の八王子では写真展が開催されるケースは多くない。
都心まで行かない人、写真展なんて、人生で一度も足を運んだことがない人、そんな人たちにお買い物ついでに写真を
チラ見してもらえたら嬉しい。
74421294_10221577325648563_3688539272677163008_n.jpg
写真を置いてみて、何点くらい展示できるかチェックしてみた。
IMG_6349.jpg
市場の通路に面したガラス面にも展示。
IMG_4070.jpg
写真が倒れないように粘土で固定。

写真たちにとってはちょっと過酷な環境だけど、市場で働く人、市場にお買い物に来る人、そんな人たちが
本当にチラ見でいいから見てくれたらありがたいと思う。
市場の社長さんはフランクな人で「壁に穴開けてもいいですし、適当に使ってください」と言ってくれた。
今週中に展示作業を終え、週明けからはみなさんにみてもらえるようにしたいと思っています。

市場で開催する写真展はもしかしたら、全国で初かもしれない。
市場で開催する戦場カメラマンの写真展は間違いなく全国初だと思います。

久保田弘信の最新刊「世界のいまを伝えたい」あり

久保田ショップ




オムライス

2019年11月10日 11:40

突然オムライスが食べたくなった。
西八王子に僕が大学生の頃から通っている洋食やさんの「おがわ」がある。
ランチタイムに行くことはなかなかないのだが、突然食べたくなったオムライスを食べに行った。
IMG_9060.jpg
普通に見えるオムライスだが、デミグラスソースだけでなく酸味のあるケチャップが同居している。
このケチャップが僕はとても好き。
この洋食おがわは肉料理が安くて美味しくて、いつもはみそやチキンソテー、生姜焼きなどを食べることが多い。

お店に入ってカウンターに座り、「突然オムライスが食べたくなったんですよ〜」と話すと、
「あら珍しい!」と奥さんが、そして奥にいるご主人に「久保田さんオムライスだって〜」とオーダーを通してくれる。

岐阜県から出ていた僕の八王子でのお父さんとお母さんのような存在のお二人。
学生の頃はいつも壁を背中にいちばん隅っこの場所で食べていた。
変わった学生だと思われていたようだ。

月日が経ち、いつの間にか戦場カメラマンとしてテレビに出るようになった。
その辺りから、お二人と会話するようになった。
取材に行って帰ってくるとげっそり痩せていた僕。
ただでさえ、量が多いおがわのメニューだけど、、
「久保ちゃん、もう痩せちゃって〜、しっかり食べていきな〜」と大盛りにしてくれた。
実は帰国したばかりは胃が弱っていて、沢山食べられなくて、残さず食べるのが大変だった。w

地元では常連客が集まる名店で、テレ東の取材が来たが、「うちは常連さんが多いから、そういうのはお断りします」と
テレビに出なかった。
ところが、同じテレ東のザ・ドキュメンタリーという番組に僕が出て、一人暮らしでよく食べに行く洋食屋さんがある!
ということで、テレ東の取材に応じてくれた。
番組の中で奥さんは「いつも、危ないからもう行くのやめな〜」って言っているんですよ。とコメントしてくれた。

ランチタイムやディナータイムのピークには満席で入れないこともある人気のお店。
実はここの奥さん、特技があって、常連はともかく、一見さんのお客さんのオーダーもメモを取らず、全部覚えている。
会計、別々で!と言われると、はいあなたはいくら、あなたはいくら。と一人一人が食べたメニューまで記憶している。

昔は週に2〜3回行くことも多かったが、最近は多くても週に一回。
東京に来た友人は絶対連れて行くお店。

時代だろうか、今や食べログでも洋食おがわで出てくる。

あまりブログに書くつもりはなかったんだけど、昨日オムライスを食べて、今日の日テレでオムライスを特集していて、なんか縁を感じたので。

あまり有名になって欲しくないけど、洋食好きの人は一度は足を運んでほしいお店。

span style="color:#FF0000">久保田弘信の最新刊「世界のいまを伝えたい」あり

久保田ショップ



11/09のツイートまとめ

2019年11月10日 04:18

hirokun001

西八王子ちょい呑みフェスティバル|久保田弘信 @hirokun001 #note https://t.co/kIueRHjTvT
11-09 11:14

マルタ・船

2019年11月09日 23:21

ヨーロッパや日本からの観光で有名なマルタ。
小さな島だが、観光客がほぼ訪れることがないであろう地域を訪れた。
そこは難民や移民の人たちが暮らすちょっとディープなエリア。
訪れたのは午後1時。
真夏の太陽が照りつける中、バーが営業していた。
あたりはすえた匂いがして、そこら中がトイレとかしていた。
流石にカメラを持って歩く気になれず、手ぶらで歩いて、難民の人の話を聞いた。

日が暮れたら、どんな雰囲気になるのかとても興味があったが、訪れる勇気はなかった。

そのエリアに老朽船があった。
AK3I3740.jpg
実は観光客って雰囲気を出したくて、船を撮影した。
老朽船が何隻か係留されていた。
AK3I3738.jpg
船体は錆だらけ。
AK3I3739.jpg
近づいて見ると。
漢字とアルファベットで第十八神明丸と書いてあった。
なんと日本の船だった。

海外で日本の中古車を目にする機会は多々あるが、日本の船を見るのはバングラデシュ以来だ。
マルタという素敵な島のディープなエリア。
そこに日本の老朽船。
なんとも不思議な気分になった。


久保田弘信の最新刊「世界のいまを伝えたい」あり

久保田ショップ



マルタのネコのんびり

2019年11月06日 11:54

ネコに優しい国に住んでいるネコは穏やかだ。
警戒心も薄いし、人懐っこい。
AK3I3708.jpg
人々が往来する中、我感ぜずとお昼寝するネコ。
僕が寝そべって、近距離から撮影しても夢の中。
AK3I3706.jpg
公園に用意されたネコ専用エリアでお昼寝するネコ。


久保田弘信の最新刊「世界のいまを伝えたい」あり

久保田ショップ

ニュージーランド・マオリ族

2019年11月04日 12:40

ラグビーワールドカップのおかげで、「ハカ」が有名になった。
オールブラックスが試合前にやる「ハカ」がマオリ族の伝統舞踊だと知っていた人は少なかったと思う。

ニュージーランド政府観光局の仕事で北島から南島まで撮影したとき、温泉町のロトルアに行く機会があった。
ロトルアではマオリの歴史を体験することができるマオリショーを撮影することができた。
映画村のような場所で、観客がいる目の前で、マオリの歴史が演じられる。

あまりの感動に僕とビデオカメラマンは涙ぐんでいた。
ビデオカメラマンは英語が殆ど理解できないけど、マオリの大変な歴史を感じとっていたようだ。
w_4552.jpg
その頃の懐かしいプリントが出てきた。
オリジナルのフィルムは、、行方不明。

マオリの人は自分がマオリであったり、マオリの末裔であることを自慢げに話してくれる。
多くの先住民が虐げれてている世界の中でマオリほど自治権を獲得できた先住民は少ないのではないだろうか。
1840年のワイタンギ条約がよかったのか。。

ニュージーランドにはマオリの議員も沢山いるし、その伝統である「ハカ」は世界が知るものとなっている。
もう一度訪れたい国トップ5に入るニュージーランド。
日本が冬を迎えつつある今がベストシーズンかも。


久保田弘信の最新刊「世界のいまを伝えたい」あり

久保田ショップ



眉村卓氏死去

2019年11月03日 16:30

突然、ネットニュースで眉村卓氏が85歳で死去されたというニュースが入ってきた。
今年に入って、僕が青春時代に読んだ本を何冊か読み返していたところだった。
僕は一度買った本を絶対に売らないので、我が家のどこかにあるはずなのに、どうしても見つからず。
諦めて、Amazonで「わがセクソイド」を購入し、昨日、読み終わったばかりだった。
IMG_5790.jpg
高校生の頃からSFにはまり、眉村卓、小松左京、半村良、筒井康隆とその作家の本を殆ど読みあさった。

眉村氏は他の作家と違って、想像つかないような世界ではなく、サラリーマンの視点から、近未来を描くことで現代社会の問題点を風刺する作風が多く、興味深かった。

その中でも高校二年生の時に読んだ「幻影の構成」は今読み返しても古い感じはせず、メディアによる市民コントロールがテーマになっている。
ジャーナリストという職業を選んで、20年ぶりに読み返してみた。
そして、宇宙を描いた「地球への遠い道」を読み、最後に昨日、「わがセクソイド」を読み終えたばかりだった。
僕が是非会いたかったSF作家の一人。

「わがセクソイド」は近未来に精巧なセクソイドロボットが作られた時代が舞台。
同じようなテーマの平井和正氏の「アンドロイドお雪」と比較すると眉村氏らしい視点から描かれている。
一度読んで、内容を知っているはずなのに、ラストシーンでは少し目頭が熱くなってしまった。

エスパーを題材にして長編の「不定期エスパー」家探しして読み返してみたいと思う。
青春時代の僕に様々な視点、世の中の矛盾を考えるきっかけをくれた眉村卓氏にお礼を言いたい。

素敵や作品を沢山、ありがとうございました。
ご冥福をお祈りします。


久保田弘信の最新刊「世界のいまを伝えたい」あり

久保田ショップ


マルタのネコ2

2019年11月03日 14:54

AK3I3704.jpg
こんなネコの銅像があるマルタ。
ネコに優しい国だと想像できる。
1K3I3710.jpg
観光地のど真ん中、公園の中にネコさんを発見した。
2K3I3713.jpg
だ、誰?と一瞬こちらを向く、ネコさん。
3K3I3717.jpg
地元の人も観光客も悪戯しないからだと思うが、あっと言う間に自分の世界に入るネコさん。
4K3I3719.jpg
銅像のネコさんが片目だった、きになるのは片目にトラブルを抱えたネコさんが多かった。
5K3I3720.jpg
日本では考えられないことだが、観光地のど真ん中にある公園のベンチ。
その一つがネコさんに解放されていた。
お布団も、餌も置いてあった。
ネコに優しい国マルタ。


久保田弘信の最新刊「世界のいまを伝えたい」あり

久保田ショップ


マルタの景観

2019年11月01日 22:26

マルタの友人とのランチのために訪れた場所は素敵な建物が立ち並んでいた。
AK3I3697.jpg
目的のレストランを探して歩くと、フォトジェニックな銅像が沢山並んでいた。
AK3I3700.jpg
AK3I3699.jpg
AK3I3701.jpg
AK3I3702.jpg
全部の銅像を撮影して、そのバックボーンを知りたくなった。
が、ランチの時間になってしまったため、諦めた。
再び、マルタを訪れることがあったら、このストリートの銅像を全部、ゆっくり見て、撮影したいと思う。

久保田ショップ



その買うを、もっとハッピーに。 | ハピタス



最新記事