FC2ブログ

緒方貞子さん死去

2019年10月29日 12:32

元国連難民高等弁務官であり、日本のJICAの理事長を務めた緒方貞子さんが92歳でその人生を終えた。

世界がアフガニスタンを無視していた頃、アフガニスタンを助けなければならないと発言してくれていた人。
そして、2001年アフガニスタン戦争が起き、再び大量のアフガニスタン難民が周辺諸国へ逃れた。
膨大な難民に支援が追いつかなかった。
アフガニスタン情勢に関する安保理公開討論で緒方氏は演説をし、アフガニスタン支援を訴えてくれた。
緒方氏はアフガニスタンとパキスタンの国境にあるIDPキャンプやパキスタン国内の難民キャンプを訪れ、現場目線で国際社会にアフガニスタン難民の現状を知らしめてくれた。
現場を見てきた人だからこそ、緒方氏の言葉は世界に受け入れられたと思う。

僕は緒方貞子さんと2度しかお会いしたことがない。
日本でのレセプションの会場で紹介してもらいご挨拶した時、名刺をお渡しし、「アフガニスタン難民をずっと取材してきたジャーナリストの久保田と申します」とご挨拶。
そうですか!くらいで終わると思っていたが、緒方貞子さんは「あなたなのですね。日本人のジャーナリストが取材だけでなく難民支援に協力してくれていると聞いていましたよ」と言ってくれた。

2002年の冬。
取材しながら、個人で難民支援を続けていた。
UNHCRとも連携を取りながら、最終的に僕が面倒を見ていた700人近い難民をUNHCRの難民キャンプに入れたもらった。
そんな縁があって、UNHCRのChief Cabinetというトップクラスの人と会食の機会があった。
彼は僕のことを「君はフューマニタリアン ジャーナリストだね〜」と言ってくれた。
緒方貞子さんは彼から日本人のジャーナリストで、他のジャーナリストが注目しない辺境の地を取材しながら、難民を助けている変わった人がいる、と聞いていたそうだ。

僕がカメラマンからジャーナリストになったきっかけがアフガニスタン。
緒方貞子さんもアフガニスタンにはかなりの思入れがあったようだ。
そんなご縁もあって、僕の2冊目のアフガニスタンの写真集の帯にコメントを依頼していた。
当時、緒方貞子さんはUNHCRの仕事を終え、JICAの理事長という立場だった。
写真集が出来上がり、あとは帯だけ!という時期になっても、一向にお返事はこなかった。
お忙しい人だし、これはもう無理なのか、出版社と帯どうしましょう?あまり出版を先延ばししたくないし、、
という話になり、ダメ元で久保田が電話してみます。と

なんとか電話を取り繋いでもらい、直接お話ができた。
「実は緒方さんにアフガニスタンの写真集の帯をお願いしていまして。。」
「あらそうですの、ごめんなさい、確認してなくて、すぐに書きますわ」と言われ、翌日には帯のコメントを下さった。
元UNHCRのハイコミッショナー、当時、JICAの理事長という立場だとコメントを依頼する事案がとても多くて、山積みになっていたそうだ。
IMG_8583.jpg

写真集に対してコメントをお願いするのに、こんな風に書いてください!なんて依頼はもちろんできない。
緒方さん自身の言葉で、
「アフガニスタンの人たちの現在、そして未来に思いをはせていただきたいと思っております。」
と書いてもらえたこと、とても嬉しい。
緒方さんは帯だけでなく、本書に寄せて、写真集の始まり書きにもコメントを下さった。

アフガニスタンもイラクもシリアも、難民問題は簡単に解決しない。
僕たちに何ができるかわからないが、戦争が起きた時だけでなく、その後も注目し続けて欲しい。
国連難民高等弁務官という立場でアフガニスタンに関わってくれた緒方さん、一介のジャーナリストとしてアフガニスタンに関わってきた久保田弘信。
想いは同じだったと思う。

残念なことに、現在の日本ではアフガニスタンの報道はほとんどない。
2001年の戦争の後、いっとき、アフガニスタンが平和に向かいそうな時期があったが、2010年頃から治安が悪化し、帰還したアフガニスタンの人が再び難民になるケースも多くなっている。
緒方貞子さんが亡くなったことで、特番が組まれることもあるのではないかと想像する。
アフガニスタンのことが少しでもニュースになってくれたら。

緒方さんの言葉、「そして未来に思いをはせていただきたいと思っております。」

謹んで、ご冥福をお祈りいたします。

久保田弘信


久保田弘信の最新刊「世界のいまを伝えたい」、「僕が見たアフガニスタン」あり

久保田ショップ





スポンサーサイト



10/26のツイートまとめ

2019年10月27日 04:17

hirokun001

アメブロを更新しました。 『伊豆サーフィン』 #シーガル #久保田https://t.co/mvsREPaApi
10-26 21:17

マルタのネコ

2019年10月25日 14:34

マルタの自然を満喫した僕は、マルタの繁華街?観光地へと足を運んだ。
マルタの友人と昼食の約束があって、予約してもらったシーサイドのレストランを探しつつ、散策。
AK3I3697.jpg
毎日がfestivalのような街並み。
AK3I3704.jpg
その中にネコの銅像があった。
近くにはキリスト教を思わせる銅像が沢山あって、その中に一つだけネコの銅像があった。
マルタの人たちはネコを大切にするということだろうか。

span style="color:#FF0000">久保田弘信の最新刊「世界のいまを伝えたい」あり

久保田ショップ


マルタの自然

2019年10月24日 14:57

マルタの魅力の一つが大自然。
小さな島国ではあるが、観光地、観光地されていない場所が沢山あって、のどかな雰囲気を味わうことができる。
AK3I3671.jpg
隆起したところだろうか。
観光客は一人もいなくて、のんびり散歩することができた。
マルタ3695
写真だけでは隆起物の大きさがわかりにくいので、ちょっと登ってみた。
頂上を目指すこともできたが、、足元はクロックスだったので、無理するのはやめた。
AK3I3690.jpg
海岸に向かうと、外国人旅行客が1組だけいた。
岩場を散歩できるようになっているのだが、かなり潮が満ちてきていて、結構ギリギリな感じ。
彼らがいなかったら、僕はちょっと奥まで行けなかったと思う。
海外にいて、潮の満ち引きまではわからないが、このポイントは引き潮の時に訪れるのが良いと思う。

観光客で賑わう華やかは場所、観光客が全然いなくて、のんびりできる場所。
両方楽しめるのがマルタの良さだと感じた。


久保田弘信の最新刊「世界のいまを伝えたい」あり

久保田ショップ



その買うを、もっとハッピーに。 | ハピタス

10/20のツイートまとめ

2019年10月21日 04:17

hirokun001

カマキリ|久保田弘信 @hirokun001|note(ノート) https://t.co/rXNEB1jIrS
10-20 16:02

10/19のツイートまとめ

2019年10月20日 04:17

hirokun001

アメブロを更新しました。 『伊良湖サーフィン』 #サーフィン #伊良湖https://t.co/W0gAjyi8Qr
10-19 18:02

マルタの海、夕日

2019年10月17日 14:47

AK3I3687.jpg
マルタの海を超広角レンズを使って撮ってみた。
AK3I3695.jpg
どのポイントで見ても、夕日が美しいマルタ。


久保田弘信の最新刊「世界のいまを伝えたい」あり

久保田ショップ



その買うを、もっとハッピーに。 | ハピタス

10/08のツイートまとめ

2019年10月09日 04:17

hirokun001

アメブロを更新しました。 『バングラデシュの波』 #バングラデシュ #海岸線https://t.co/6iRQQwqZyX
10-08 13:46

報道の自由

2019年10月07日 21:24

立憲民主党の枝野代表が「報道・表現の自由が機能しない社会はもはや民主社会とは言えません」と発言。
安倍総理大臣は「萎縮している報道機関など存在しないと考えています」と反論。

国会の中での政治家の言葉のあやとりはさておき。
実際はどうなのだろう。

2016年、高市早苗総務相が政治的公平性を欠く放送を繰り返した放送局に電波停止を命じる可能性に言及したことが大きな問題となった。
テレビ局にとっては死活問題とも言える「電波停止」発言。
日本の公共放送は殆どそのことを放送しなかった。
理由は僕にはわからない。

TBsの報道特集では金平キャスターが「こんばんは。『報道特集』です。高市総務大臣が国会でテレビ局の電波停止の可能性に言及しました。『表現の自由』の確保をうたった放送法の精神をどこまで理解しようとしているのか疑問の声が上がっています。
こんな脅しのような発言が大臣から出ること自体、時代が悪い方向へ向かっていることの証しではいでしょうか」
と、局員としてはかなり勇気の必要な発言をした。

そんな日本の報道を世界はどうみているのか。
国境なき記者団が毎年発表している報道の自由度ランキング。
日本は先進国としてはかなり自由度が低い62位。

アメリカのニューヨーク・タイムズ(電子版)は今年の7月5日、菅義偉官房長官が記者会見で東京新聞記者の質問に対する回答を拒むなど、そのメディア対応を指摘したうえで、「日本は憲法で報道の自由が記された現代的民主国家だ。それでも日本政府はときに独裁政権をほうふつとさせる振る舞いをしている」と批判している。

日本ではあまり報道されていないが、表現の自由国連特別報告者の来日を日本はドタキャンしている。
ようやく訪れた特別報告者のデービッド・ケイ氏は
言論と表現の自由に関する国連の特別報告者デービッド・ケイ氏は日本のメディアは政府当局者の圧力にさらされ、独立性に懸念が残ると報告している。

メディアは第四の権力と言われるように、その報道の仕方で国や世界が大きく変動する。
だからこそ、権力の下についてはいけない。
かつて日本は大本営発表という大きな過ちを犯している。

日本の大手メディア、フリージャーナリストが無言、有言の圧力を感じているかどうか。
そして、一般の日本国民が、この国、日本の報道に自由があると思っているのかどうか。

国を監視するのはメディアの役割。
メディアが公平・中立であるかどうかを監視するのは国民の役割。
どちらも、思ったことが言える世の中であってほしいと思う。

マルタの塩田2

2019年10月07日 12:26

マルタ・ゴゾ島の塩田。
AK3I3675.jpg
自然の形がなんとも美しい。
大昔、水たまりの海水が蒸発して、偶然塩ができたのだろうか。と想像する。
AK3I3676.jpg
雨にうたれ、波にうたれ、自然の形が変貌していく。
AK3I3683.jpg
誰が管理しているのだろう。
ここで作られた塩をお土産に買いたいと思った。
マルタに行っている人、ぜひ、探してみてください。

久保田弘信の最新刊「世界のいまを伝えたい」あり

久保田ショップ



その買うを、もっとハッピーに。 | ハピタス


秋の気配

2019年10月03日 13:56

猛暑が続いていた今年の夏。
10月になっても30度を越える日があるが、朝晩の空気は冷たくなり、めっきり秋の気配。
IMG_0198.jpg
今年も綺麗な花を咲かせてくれた桜も落ち葉が目立つようになってきた。
来春また綺麗な花を咲かせてくれるだろう。
IMG_8337_201910031346580aa.jpg
青梗菜やオクラばかりのお庭じゃあ、寂しいと思ってホームセンターで98円で鉢植えの花を買った。
たった一輪、しかもあっという間に萎れてしまった。
と思ったら、鉢植えの底を突き破り、地面に根を張り、沢山の花をつけ始めてくれた。
IMG_8750.jpg
そして、我が家のオクラ、夏に収穫したが、再び花を咲かせた。
数週間後にはまたオクラの実を実らせてくれるだろう。

小学校の時、アサガオの観察日記をやらされた。
まさにやらされていたから、全く楽しくなく、適当にスケッチをして、学校に提出した記憶がある。

今ならアサガオの成長にも興味を持てる。
夏休みの宿題。
いっそアサガオじゃなくて、オクラやキュウリの方が良いかもしれない。
観察して、日記を書いて、最後に美味しくいただく。

この歳になるまで、オクラの花を見たことがなかった僕。
もし、僕に子どもができたら、そんな自然を見せてあげたいと思う。


久保田弘信の最新刊「世界のいまを伝えたい」あり

久保田ショップ



その買うを、もっとハッピーに。 | ハピタス


昔の新聞、安保法案。

2019年10月01日 18:57

資料を探している中、もう一つ昔の新聞を発見した。
2015年7月9日の新聞。
IMG_9962.jpg
中日新聞の一面。
安保法案に対して、憲法学者の9割が違憲だという記事。

当時、国会前には今ままでデモなどに一切参加しなかった学生やサラリーマン、子どもを抱えたママさんまで集まり、
安保法案に反対を唱えた。
国会前に取材に来ていた外国人ジャーナリストに「君の国もようやく国民が意見を言うようになったね」と言われた。

が、同年9月19日、安全保障関連法案が参議院で可決、成立した。

憲法学者の9割、すなわち、ほとんどの憲法学者が違憲だと判断した法律。
そんな法律が成立したことさえ忘れかけられている。
そして、今度は憲法自体の改正への動き。

世界が再びきな臭い方向へ進む中、日本が世界に誇っていた平和憲法が改正されるか否か。
50年、100年の未来に影響を及ぼす大切なこと。
日本国民一人一人が、未来の日本人のためにちゃんと考えなければならないことだと思う。

久保田弘信の最新刊「世界のいまを伝えたい」あり

久保田ショップ


昔の新聞、イラク

2019年10月01日 10:53

20年もこの仕事をしていると、膨大な撮影データと撮影フィルム、そして掲載誌が溢れている。
時折、昔のデータが必要になって、家探しをすることになる。
そして、大体、必要な物はなかなか見つからず、必要ないけど懐かしい物が見つかってしまい、それらを見ていると
一向に目的の物が見つからないという悪循環に陥ってしまう。

資料が沢山入った段ボールを開けると黄ばんだ新聞が出てきた。
IMG_9615_20191001104650d42.jpg
イラク戦争で地上戦が始まり、カルバラが包囲されたという記事。
懐かしく、読んでいると自分の記事も載っていた。
IMG_3774.jpg
空爆中のバグダッドから何故か縁があって、東スポに記事を連載してもらっていた。
東京新聞は帰国してからの記事だった。

当時はまだ報道が生きていた。
おそらく、フリージャーナリストが活躍できた最後の戦争報道だろう。
この先、局地戦はあっても、あれほど激しい戦争が起きる可能性は低いと思うし、もし起きたとしても
日本のフリージャーナリストが活躍できる条件は整っていない。

現在もイエメン、シリア、はほぼ戦争状態、イラクやアフガニスタンも戦争から10年以上経過しているのに、治安は悪化の一途を辿っている、が、日本での報道は世界の国々に比べて非常に少ない。
日本にいて、海外のことを知りたいと思うと、海外のニュースをチェックしなければならない時代が来てしまった。

span style="color:#FF0000">久保田弘信の最新刊「世界のいまを伝えたい」あり

久保田ショップ



その買うを、もっとハッピーに。 | ハピタス


最新記事