FC2ブログ

父親の姿

2019年04月25日 18:13

80歳を越える父。
僕が小学校3年生の頃、両親が離婚。
僕は父親に向かって、育てられないなら産むなよ!と怒りをぶちまけたこともあった。

ジャーナリストとしてはとても食べていけず、国内での撮影でなんとか生活していて、たまに実家に帰っても父親に5千円程度のお小遣いをあげることしかできない。

先日、実家に帰った時、父親とイオンモールに食事に出かけた。
いつも食事代は僕が払うのがこの数年の習わし。
僕が払おうとすると
父親がお財布を出して、「いいから」と言って払ってくれてしまった。

珍しく払ってくれちゃう理由を父親は何も言わない。
そして、僕に何も聞かない。

子どもの頃、父親を恨んだこともある。
二度と家族が揃うことは叶わないと思っていた。
母親が天国に行く前、親子揃って下呂温泉に行くことができた。
そして、最後まで、病床の母親を見守ってくれた。

何も言わない、何も聞かない、そんな父親に感謝している。
そして、、天国が近い、いい歳なのに、、いやな思いをさせてしまったことを申し訳なく思う。

家族、友人、多くの人に心配と迷惑をかけてしまった。
もうしばらく待っていてほしい。
全てを解決してお話しするから。


久保田弘信の最新刊「世界のいまを伝えたい」あり

久保田ショップ







スポンサーサイト





最新記事