FC2ブログ

登別温泉 さぎり湯

2018年11月30日 12:50

カルルス温泉の人に登別のバスターミナルまで送ってもらった。
千歳空港経由で札幌へ。
バスのチケットを買って、コンビニへ向かう。
と、僕が行きたかった、登別の銭湯、さぎり湯を見つけてしまった。
IMG_6456.jpg
目の前には白濁した硫黄泉。
IMG_6454.jpg
腕時計を見ると、バスの出発まで35分。
僕としては珍しく、さぎり湯の前で3分ほど迷った。

結果は20分でいいからお湯に浸かろう!
一号乙泉、目の湯(明礬泉)と2種類の温泉が楽しめる。
しかも、銭湯なので、入浴料は420円。

濃い温泉と湯船の中に沈殿した成分を十分に満喫。
今度はゆっくり訪れたいと思った。
IMG_6457.jpg
朝から一風呂浴びて、すっきりさっぱりの久保田
心身ともにリラックスして札幌へ向かう。




久保田ショップ



スポンサーサイト



登別〜カルルス温泉へ

2018年11月29日 18:49

初めてJRで登別を訪れた。
学生時代はバイク、近年はレンタカー。
北海道を移動するとき、JRを利用する機会はとても少ない。
まったりした列車の旅は大好き。

バイクや車がないと移動が大変だけど、バイクや車では見過ごしてしまう物も見られるのが良い。
h6439.jpg
登別駅前の鬼。
昔からあったかな〜。
全く記憶にない。

何年も会っていない友人に連絡すると、出てきてくれるとのこと。
何十年ぶりかのカルルス温泉に行くことになった。
h6449.jpg
露天風呂の縁には紅葉の葉が。
h6451.jpg
夕食を終え、再び露天風呂に行くと、紅葉の葉が泳いでいた。
支配人も気さくな人で、、何十年ぶりのカルルス温泉を満喫させてもらった。


久保田ショップ



チョビの命日

2018年11月29日 11:39

0FC1DEA5-4A93-45F3-81AA-64955EC84ABA.jpg
今年もチョビの命日が過ぎた。
出張中でお家にいられなかったので、ちょいと早めにお線香をあげた。

母親が他界して、チョビが他界して何年経ったのだろう。
思い出せない。
一つだけ言えることは、二人とも最後まで精一杯接したから後悔はない。
そして、ようやく涙なしで写真を見れるようになった。




久保田ショップ








余市へGO

2018年11月25日 16:45

昼食に美味しいうどんを食べた僕たちは札幌に戻る前に余市に向かった。
余市を訪れるのは、、バイクで北海道を一周していた頃以来。
IMG_6495.jpg
バイクで来た時は、ニッカウイスキーの工場前で記念写真を撮っただけで、中を見学することはなかった。
IMG_6497_201811251637255db.jpg
今回は工場内部を見学。
IMG_6498.jpg
わかったいたつもりでも、ウイスキーの製造工程を見るのは楽しかった。
IMG_6499.jpg
そして、お楽しみの試飲。
友人が運転してくれているので、お言葉に甘えて。
僕の好きなスモーキーな2種類を有料試飲させてもらった。
IMG_6500.jpg
工場を後にするころには陽も沈み、1日が終わりを告げようとしていた。





久保田ショップ




羊蹄山の麓で

2018年11月24日 10:39

北海道にいる20年来の友人が1日観光に連れて行ってくれた。
温泉大好きな僕なので、温泉につかって、ドライブ。

お昼ご飯は羊蹄山を眺めながら美味しいうどんをいただく。
このうどん屋さん、ちょっと不思議な飲み物を売っているということで、順番待ちの間に友人が買ってきてくれた。
h_6493.jpg
3人で袋の中から一本引いたのだけど、強運な僕はもっとも普通に思えるメロンサイダーを引いてしまった。
h_6491 2
3人でちょっと不思議なドリンクを飲んで楽しんでいると、人気うどん屋から携帯に電話が入り、僕たちの順番がきた。
h_6494.jpg
僕は冷たい肉うどんを選択。
IMG_6490.jpg
青空の元、羊蹄山を見ながら、余市に向かう僕たち。




久保田ショップ



北海道に住むシリア人の友人と再会。

2018年11月22日 23:40

h_6471.jpg
札幌のゲストハウスで働いているシリア人の友人アッスィー。
突然行って驚かせてやろうと思っていたが、共通の友人から僕が札幌に来ることを知ってしまった。
「ヒロちゃん札幌に来るの〜」とメールが来た。
「なんだ〜直接行って驚かせようと思っていたのに、、」と僕。

「大丈夫、驚く練習しておくから」とアッスィー。

僕がゲストハウスに着くと、手に書いたメモを読みながら、、
「あ〜ヒロちゃんだ〜突然でビックリした〜」と三文芝居。

ともあれ、再会できてよかった。
次の目標は一年ぶりに一緒に雪の中でのワカサギ釣りに行くこと。




久保田ショップ




室蘭へGO

2018年11月19日 18:47

北海道はレンタカーもしくは友人が車を貸してくれることが多い。
今回は珍しく列車での移動。
_w6433.jpg
車やバイクでは何度も訪れたことがある室蘭へ列車で行く。
これも楽しい。
w_6435.jpg
まだ真冬には遠い北海道だけど、ホームで待っていると寒い。
ちゃんと待合室があるのが北海道基準。
函館行きの特急列車の中がガラガラ。
寝過ごして函館まで行かなければ大丈夫。

途中、登別の友人に連絡してみる。
突然だけど、連絡が取れたら、登別で降りるつもり。
こんな、行き当たりばったりの旅が好き。
w_6436.jpg
室蘭に到着し、友人宅に勝手に上がり込み、最初の夕食。
クラッシく最高。



久保田ショップ










北海道の友人と

2018年11月17日 00:27

北海道にいるカメラマンの先輩が小樽まで釣りに連れて行ってくれた。
w83.jpg
再会するのは久しぶり。
穏やかな天気で寒くもなく陸っぱりからの釣りを楽しんだ。
w84.jpg
渓流釣りはよく行くのだけど、海は殆ど経験なしの僕。
先輩があれこれ教えてくれて、胡麻鯖ちゃんをたくさん釣ることができた。
10年、20年経ってもお付き合いできる先輩であり、友であるお二人に感謝。


久保田ショップ


北海道のラーメン

2018年11月16日 22:00

僕は無類のラーメン好き。
海外から帰国したら、食べたいのはラーメン、お寿司、味噌汁。
イスラム圏に行っていた時は、そこにトンカツが加わる。

新千歳空港に到着したのは15時過ぎ、いつもは長蛇の列ができているラーメン屋さんに並ばずに入ることができた。
w_6432.jpg
ここぞとばかりに頂く。(お初)
東京に戻る時、微妙なお腹の減り具合だったので、再び空港のラーメン屋さんに。
w_6504.jpg
帰りは塩味を頂いた。
札幌滞在中にススキので食べたラーメンも美味しかった。
お店の名前は、、忘れてしまったけど。



久保田ショップ









パリCDG到着

2018年11月16日 04:37

12時間弱のフライトで無事シャルル・ド・ゴール空港に無事到着。
w_6533.jpg
日本の飛行機が駐機していると、シャルル・ド・ゴール空港と見えないかも
_6534.jpg
シャルル・ド・ゴール空港はちょっと迷路っぽい。
イミグレに向かう通路が分かりにくかった。

そして、何故か透明なエスカレーター。
荷物を受け取り、日本からくるドクターを待つ。



久保田ショップ


ANA 青の実力

2018年11月14日 19:08

海外取材で日本の航空会社を使う機会は少ない。
インド以来、2度目のANA。

フランスまでの航路は、これまた初の北回り。
_6532.jpg
飛行機に乗ってマップを見るたびに、まだまだ知らない場所だらけだと思う。
6529.jpg
ANAで嬉しいのはエコノミーでも絶品な機内食
6531.jpg
美味しいハンバーグとプレミアムモルツを頂いた。
_6528.jpg
映画は、、ずっと見たかったミッションインポッシブルの最新作をみた。
偶然にも、これから行くパリの風景が映し出された。

僕のヘッドセットの右側から音が出ない。
機内食の準備で忙しそうなCAに状況を伝え、後でいいですから。とお願いした。
これが外国の航空会社だとあからさまに嫌な顔をされたりする。
ANAは最高の対応をしてくれた。
男性CAのイブラヒム。
動きが機敏で、笑顔も絶やさない。
これが青の実力だと思う。

ちょいとシートのお尻の部分が硬かった印象だが、気持ちよくフランスまで僕を運んでくれた。



久保田ショップ



人生初のパリ

2018年11月12日 17:43

45776567_10218419652628711_7186372385275117568_n.jpg
人生初のパリの降り立った。
空港からバスでオペラ座の近くに。

夜で雰囲気があまりわからないけど、憧れの都に来れた気がする。
単なるトランジットで明日にはアフリカに飛んでしまうのだけど。



久保田ショップ









原宿でのイベント無事終了

2018年11月11日 01:30

雨も上がって、二回目となる原宿でのイベントが無事開催〜終了した。
45857457_10218408027178082_600906121309323264_n.jpg
しばらく会っていない僕の友人も沢山きてくれて、なんか同窓会っぽい気分にもなれた。
サプライズで、本当に遠路から来てくれた友もいた。
43788108_10218178533520884_177021561050497024_n_201811110125479ac.jpg
この数週間、どのくらいの人たちが僕の写真を見てくれただろう。
いつも思う。
全く関心がない人に、ほんの少しだけ立ち見してほしい。
45814586_1487889501341957_3553199312672391168_n.jpg
僕は役目を終えたけど、Unvailのイベントかこれからも続きます。
日本のジャーナリズムに何かしたの変革をもたらせてくれると信じています。



久保田ショップ








原宿でのイベント、11/9

2018年11月08日 19:50

いよいよ、ついに、あっという間に明日です。
僕の友人たちが企画してくれたイベントです。
お時間ある方は是非、原宿へ。

「フォトジャーナリストは何故戦地に赴くのか?」
上記をテーマに前回開催したジャーナリズムについてのイベントの第2回目を開催します!
■日程:11月9日(金)19:20 - 21:30(19時会場)
■イベントURL:https://unveil-subaco-vol2.peatix.com
■参加費:一般1500円、学生1000円(2ドリンク付き、寄付されます!)
Unveil第2回目のイベントは、第1回目に続きフォトジャーナリストの久保田弘信 (Hironobu Kubota) さんをお迎えして、シリア取材の中でのストーリーをお話しいただきます。

「フォトジャーナリストは何故戦地に赴くのか?」というテーマをUnveilしていきます。
久保田さんプロフィール:http://photokubota.web.fc2.com/
イベントの参加特典として、無料のノベルティグッズがついてきます。
Unveilオリジナルステッカー
UnveilオリジナルTシャツ
イベントの参加費用は、会場を貸してくださるGreenbirdさんと久保田さんの取材活動に寄付されます。ご都合がつく方がいれば是非ご参加ください。
以下、Unveilについての説明です。
===================
Unveilについて
「Unveil」とは、Veil(ヴェール)をはがし、
その下に隠されたものを明らかにすることを意味します。
報道にとってのヴェールとは、一体何でしょうか。
政治情勢によって発生する圧力や、利益のための恣意的な情報選択、
そして、「知らない」ことによって生まれる問題への距離感ではないかと、
僕たちは考えました。
世の中には情報が溢れていますが、そのほとんどにはヴェールがかけられています。
ヴェールは、発信者の真意をおおい隠し、時に情報を作り変えてしまいます。
また、ニュースがどこか他人事に感じられるとき、
自分とその出来事の間には、たくさんのヴェールがかかかっているのだと思います。
このイベントでは、
世界のどこかで起きている問題とあなたの間にかかっているヴェールを、
ジャーナリスト(Unveiler:ヴェールをはがす人)と一緒に、
一枚ずつ、はがしていきます。
知らない国の知らない出来事が、
どんな物語を経てあなたの元へ届けられ、
あなたとどのようにつながっているのか、
知って、実感していただく機会になれば幸いです。
===================
一緒に企画している仲間である Sho Miyoshi Taeko Adachi Souta Iwasawa Hironobu Kubota に感謝です!
参加してくださる方皆さんが、何か一つでも持ち帰れる時間になるように精進します。どうぞよろしくお願いいたします。



久保田弘信の作品ショップ



11/03のツイートまとめ

2018年11月04日 04:19

hirokun001

@takeshisakuragi 絶滅を危惧されてないかも。
11-03 10:35

11/02のツイートまとめ

2018年11月03日 04:19

hirokun001

@takeshisakuragi 僕もまた行きたいです。
11-02 16:07

北海道の露天風呂、夜中にこのニュースをみる。頑張ってくれたケプラーに感謝。宇宙物理学を学んだ人たちに、新たな、壮大なデータをくれた。
11-02 01:18

さよならケプラー宇宙望遠鏡、大量の惑星を発見 https://t.co/IIURzgJiXt
11-02 01:14

スエーデンでイラクの家庭料理

2018年11月01日 14:04

35eb3ed1-bfa0-4880-a730-2863991c3da1.jpg
スエーデンでイラクの家庭料理を頂くのは2度目。

アーミルの奥さんが作るイラク料理は絶品。
元気なおばあさんん(アーミル)のお母さんが野菜を刻む。
祖国を離れ、遠くヨーロッパでの生活だが、ここには幸せな家庭がある。
少し羨ましく思う久保田。


久保田ショップ






最新記事